無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

第二十七話🌻
再開させていただきます!

では本編へ

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
私は早足で校長室に向かった。

校長先生
校長先生
あなた先生、この子です。
あなた
あなた
担任のカン・あなたです!

ジョングクくん、よろしくね!!
ジョングク
ジョングク
、、、
校長室で今怯えたように座っているこの子は、転校生だ。
ジョングク
ジョングク
はい、、、
目が大きく、とてもくりくりしているけど目に光がない、、、
今にも消えてしまいそうな声でそう返事をする、、、
あなた
あなた
明日から,よろしく!!!!
ジョングク
ジョングク
じゃあ、これで、、、
そう言って、ジョングクくんは帰っていった。
あなた
あなた
なんか、怯えていた感じでしたね、、、
校長先生
校長先生
でも、僕の前じゃ、そんな感じじゃなかったよ?
校長先生
校長先生
まぁ、親もいないし、、、

きっと何か事情があるんじゃない?
あなた
あなた
そう、、ですね、、、

まだ、何も彼のことは分からないけど、、、



“助けたい“




彼の目を見ると、そんな感情で胸が埋め尽くされた。