無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

第七話🐯
教室の席に着いた後、あなた先生が入ってきた。

あなた先生が綺麗だからかなんなのか、今日はいつもより教室が静かだ。
あなた
あなた
改めて自己紹介します!
カン・あなたです!
みんなよろしくね
人の良さが滲み出てるようなこの先生にみんな笑顔だった。

そんな時、僕と一瞬目が合ったような気がした。
その後から、あなた先生はさっきよりもゆっくりとしたペースで話してくれるようになった。

僕は授業中、前までは話すスピードが速くて全然話が入ってこなかったけどあなた先生は授業中も僕が聞き取れるペースで話をしてくれた。