無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

第五話🌻
てな訳で、私は今担当することになった高校の門の前にいます!




あなた
あなた
ここが、、、
私の夢の舞台!!
と、叫び校門をくぐっていった。
今日の集会で私のことを紹介するらしい。

さぁ、新しい1日の始まりです!