無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

第二十九話🌻
放課後も、テヒョンくんとジョングクくんで楽しそうに話している。
テヒョン
テヒョン
あれがね wwwwww
ジョングク
ジョングク
 wwwww
授業中とは全然違い、無邪気に笑うジョングクくんを見て安心するようで、疑問を持つようで、複雑な気持ちだ。


私のことなんか目に入れずに話しているテヒョンくんを見て、ちょっと寂しいな、、、なんて、、、

そんなことを考えていると、
テヒョン
テヒョン
あなたせんせーい!!!!
テヒョン
テヒョン
あなた先生もはーなそう!!!!
ジョングク
ジョングク
、、、、、
と、私に突撃してきた。



だけど、ジョングクくんのことを考えると、、、
あなた
あなた
私用事あるから、ごめんね!
テヒョン
テヒョン
え〜〜(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)
駄々をこねているテヒョンくんの横でジョングクくんはホッとしたような顔をした。
あなた
あなた
じゃあまた明日!
テヒョン
テヒョン
バイバーイ!
私は教室を出て職員室に向かった。