無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

898
2021/07/09

第11話

エピソード11
桜田 あなた
ころんさん!
そう言って差し出してもころんさんは食べてくれなくて…
桜田 あなた
……あ…すみません…
私ところんさんは私と友達じゃない
あくまでお兄ちゃんの友達…
食べて貰えなくて当然か…
青柳 ころん
…言っとくけど嫌いだからとかじゃないからね?
桜田 あなた
え…違うんですか…?
青柳 ころん
ん〜…じゃあ食べるよ…?//////
そう言ってころんさんは私のを食べてくれて…
桜田 あなた
美味しいですよね!
桜田 あなた
ころんさんの料理もっと食べたいです!
青柳 ころん
ん…味付け少し濃いかなぁ…
とりあえずころんさんのお粥食べ終わったらお兄ちゃんのとこに行こう…
青柳 ころん
あ!あなたちゃんストップ!
桜田 あなた
ん…ころんさん…?
青柳 ころん
はい、あーん!
桜田 あなた
………へ?
青柳 ころん
約束破ったでしょ?
約束…?何かしたかな…?
必死で考えても何も浮かばない
青柳 ころん
あーん……食べてくれないの…?
そう言ってしゅんとするころんさん
お兄ちゃんといい、ころんさんもヒロインになればいいのに…
青柳 ころん
何か教えて欲しい?
桜田 あなた
はい…すみません…
青柳 ころん
それだよ、敬語
青柳 ころん
外そ?って言ったでしょ?
連絡先交換の時に言われたけどなんか外せなくて…
青柳 ころん
ゆっくりでいいから…ね?はいあーん!
桜田 あなた
ちょ…!約束するので…!
青柳 ころん
いいから!w
結局最後の1口までころんさんに食べさせて貰った
青柳 ころん
はい!さいご!あーん!
桜田 さとみ
あ"〜…頭いた…
青柳 ころん
あ!さとみくん!
桜田 あなた
おひぃひゃ…!
桜田 さとみ
…なんで食べさせてんの?
あれ…?熱下がったのかな…
もう甘やかして貰えない…
青柳 ころん
あなたちゃん、そんな顔しないで?
青柳 ころん
今は38度ぐらい?
桜田 さとみ
あ?何言ってんだよ…
桜田 さとみ
あなたのお粥ないの?
青柳 ころん
僕食べた
桜田 さとみ
ちっ…
そう言って舌打ちして私の方へ来るお兄ちゃん
桜田 あなた
えっ…お兄ちゃん…!?
桜田 さとみ
あなた…暑い…
桜田 あなた
じゃあ離れれば…
桜田 さとみ
………あなた…
私の名前を呼びながら背中に頭を当てられる
青柳 ころん
はいはい、移るから寝るよ〜
桜田 さとみ
うざい…あなたと居る…
青柳 ころん
移るんだって、ほら!立って!
移る、って単語に反応したのか仕方なく部屋に行く
青柳 ころん
あなたちゃんに教えてあげるね?
お兄ちゃんを運び終わったころんさん
洗い物をしながら色々と教えてくれた
青柳 ころん
39度代はね〜!あまあまなるんよ!
青柳 ころん
本当に手をつけられないw
青柳 ころん
38度代は通常に戻りつつもまだ甘いんよ!
青柳 ころん
37度代はいつも通り!
青柳 ころん
ずっと隣に居たから分かんのw
青柳 ころん
なんなら被害にあってきたからねw
そう言って笑いかける
また…モヤッて黒いのがぐるぐるする感覚…
桜田 あなた
私…もっとお兄ちゃんと仲良くなりたい…
青柳 ころん
じゃあ僕が秘密教えてあげる!
青柳 ころん
あなたちゃんにしか出来ないからね!
ころんさんから耳打ちされたんだけど…
青柳 ころん
大丈夫!あなたちゃんなら出来る!
………出来る…かな…