無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

513
2021/09/14

第37話

エピソード37
桜田 あなた
ひなちゃん…?
桜田 あなた
もう大丈夫だよ…?
にゃう…そう一声鳴いてまた私のことを慰めてくれた
桜田 あなた
んん…ひなちゃん…w
撫でてと言われたようでまたひなちゃんを撫でた
ガチャ…そう下から聞こえてくる
玄関の扉が開く音
お兄ちゃんが帰ってきたらしい
桜田 さとみ
あなた…ただいま…
桜田 あなた
あ…お兄ちゃんおかえ…ひなちゃん…?
下から聞こえてくる明らかに不機嫌な声
ひなちゃんの威嚇
相手は私……ではなくお兄ちゃんに
桜田 あなた
ひなちゃん!?
フーッ!フーッ!とお兄ちゃんに向かって言う
桜田 さとみ
……ひ…ひな…?
お兄ちゃんが伸ばした手を噛む
桜田 さとみ
……いっ…!
桜田 あなた
ひなちゃん!?
桜田 あなた
どうしたの?大好きなお兄ちゃんだよ?
そう言ってもひなちゃんは威嚇をやめてくれなかった
桜田 あなた
お兄ちゃん大丈夫…?
お兄ちゃんの指からは血が垂れていて…
お兄ちゃんに触れようとするとひなちゃんがまた威嚇してくる
桜田 さとみ
ひな!なんで…!
桜田 さとみ
……お前まで…ひなまで俺を…
桜田 あなた
お…お兄ちゃん…
桜田 さとみ
あなた…俺…
桜田 あなた
ひなちゃん…どうしたの…?
結局、お兄ちゃんの部屋に連れて行ったけどすごく不機嫌だった
……今聞きたかったのに…
リップのこと…










________________________
💗さとみside💗
桜田 さとみ
……ひな…
今まで嫌われたことなんてなかった
部屋についてもひなは威嚇を辞めなかった
桜田 さとみ
お前まで俺のこと嫌うの…?
そう聞くとひなはぷいっと顔を背けた
桜田 さとみ
ひな…
ひなの為に用意したクッション
いつもはそれを使わずに俺の膝の上に来るのに…
今日はそのクッションにいた
桜田 さとみ
……好き…か…
ころんはあなたが好き…
ころんは昔から少し訳ありだった


青柳 ころん
あの子可愛くない?
桜田 さとみ
えぇ…?そうか…?
青柳 ころん
そうだよ!
翌日に行けば違和感を感じた
桜田 さとみ
…あの子可愛いんじゃねぇの?
青柳 ころん
ん〜…なんか…いいかなって…w



そんなころんが初めてはっきり好きと言った
あなたはころんの中で"可愛い"から特別な"好き"になった
俺があなたとの関係に悩んでいた時、相談に乗ってくれた
出来るなら俺もころんの力になりたい
……でも…素直に応援したくない…
分かりたいのに分かりたくない感情
桜田 さとみ
ひな…
そう言って手を伸ばすとようやく素直に撫でさせてくれた
桜田 さとみ
どうしようか…俺…
そう聞くとにゃ〜んと一声鳴いた
桜田 さとみ
あなたも…ころんのこと好きなのかな…
そう言うとぺちっと猫パンチをされた
桜田 さとみ
ひな…?
にゃっと鳴いたからなんとなく安心できた
とりあえずあなたとの誤解を解くことが優先だ…
桜田 さとみ
あなた…入っていい…?










________________________
ぷてぃ
ぷてぃ
モチベがないんです( ´•̥ω•̥` )
ぷてぃ
ぷてぃ
よかったらコメントください(*´ω`*)