無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

57
2021/03/17

第7話

弱点





「まじ意味わかんねぇー」




「はいはい、頑張るよ」




「うわ、鬼やん」




なんて喧嘩をしながらもちゃんとやる永瀬くん




数学が分からないと言いながらも




理解が早くてビックリしている




永瀬くんは勉強が苦手で私を頼ってくれてると思うと




なんか嬉しいな笑




「あなた、今日暇?」




「暇だけど……?」




「…遊びに行かん?」




「行く!行きたい!」




「おう!」




遊びに誘ってくれた永瀬くん




その顔は真っ赤だった




もしかしたら誘ったりするの苦手なのかもしれない




なんて、永瀬くんの新しい一面が知れた気がした