無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
23
2021/04/16

第12話

接近





「そろそろ行くか」




「うん!」




「ところでどこに行くの?」




「お楽しみかな」




「そっか!了解」




男の子と一緒に出かけることがない私は




心臓がバクバクしている




永瀬くんに気付かれてないかな?




そう思い、永瀬くんを見ると




暑いからなのか顔が赤い




「永瀬くん…大丈夫?具合悪くない?」




「え?大丈夫大丈夫!」




「ほんと?」




「…あ、うん!大丈夫!」




おでこを触るとそっぽ向かれた




その横顔は多分照れていたんだ