無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

93
2021/02/19

第2話

出会い





不安を抱いて教室に入り席に着いた




偶然的にも真ん中の席の1番後ろ




私の大好きな席だ




……てか友達




そう思い周りを見るともうグループが沢山出来ていた




(あぁ完全にやってしまった……)




中学の時も中々友達出来なかったなぁ




なんて考えていると




「キャーーーーー!!!」




と、廊下は女子の黄色い歓声で響いていた




どうやらその正体は私と同じクラスの男子らしい