無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

89
2021/02/22

第3話

出会い





廊下は静かになったけど、次は教室がうるさくなった




何事かと思い顔をあげると目の前には男子が




目が合うと太陽みたいな笑顔を見せた




そして




「やっと会えた」




と手を握ってきた




そしてまた黄色い歓声に包まれ、私は固まることしか出来なかった