無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

家族4人で暮らす
謙杜です

お母さんがまた家族4人で暮らそうと言ったのでお父さんにもその話をします

お母さんと姉ちゃんも一緒に話してくれます
さてお父さんはどんな反応をするんやろ?












謙杜家にて
あなた

謙杜来たで!

謙杜
謙杜
いらっしゃい
お母さん
お母さん
お邪魔するよ
お父さん
お父さん
お前!?

久しぶり!!!
お母さん
お母さん
久しぶりね。
謙杜
謙杜
お母さんはお父さんに話があって来てくれてん
お父さん
お父さん
そうなん!
話とは?
お母さん
お母さん
実は2人を離れ離れにしたままは可哀想やしあなたと一緒に暮らしてた時間も楽しかったしまた4人で暮らせたらなって思ってそれを提案しに来たのよ
あなた

お父さんどう?

うちと謙杜は一緒に暮らせたらって思ってる

お父さん
お父さん
お父さんも一緒に暮らせたらって思ってる

お前ホンマにええんか
お母さん
お母さん
もちろん

謙杜から聞いたけど別れてからは謙杜にちゃんとご飯作って家事しっかりしてたって聞いて安心したしそれ聞いて余計に一緒に暮らして行けるって思った
お父さん
お父さん
一緒に暮らせるのは嬉しいがいつからどっちの家で一緒に暮らす?
謙杜
謙杜
ここに決まってるやん
一軒家やし部屋もたくさん空いてるしここでいいでしょう?
お父さん
お父さん
そうだな
考えるまでもないな
あなた

じゃあうち荷物まとめなアカンな

お母さん
お母さん
そうね
荷物まとめなね
謙杜
謙杜
来週の土曜日なら空いてるからその日どう?
お父さん
お父さん
お父さんも休みで予定ないしええで
あなた

うちも来週の土曜日なら空いてる

お母さん
お母さん
じゃあ決まりね
来週の土曜日に引っ越しね

引っ越し当日
お母さん
お母さん
あなた荷物全部まとめた?
あなた

後もう少し

お母さん
お母さん
はよしなさい
お父さん来ちゃうで
あなた

分かってる

最悪手で持ってけそうなんは自分で自転車乗って持ってくから

お父さん
お父さん
荷物これだけ乗せればええんか?
お母さん
お母さん
うん

ちょっと多くて乗らないかも
2回に分けてお願い
お父さん
お父さん
まかしとけ
謙杜
謙杜
姉ちゃん準備できた?
あなた

もう少し

お父さん
お父さん
謙杜
お父さんはお母さん乗せてここにある荷物の半分乗せて下ろしたらまた戻ってきて2人と残りの荷物乗せて家戻るから
2回目戻ってくるまであなたとここで待っとって
謙杜
謙杜
分かった
あなた

戻ってくるまでに全部用意しとく

数分後
車が戻ってきて
お父さん
お父さん
謙杜
荷物運ぶの手伝って
謙杜
謙杜
分かった

持ってく
あなた

うちも自分のは持てるの持ってく

荷物積み終わり
お父さん
お父さん
全部積めたし行こか
謙杜
謙杜
せやね
あなた

ちょっと待って
自転車あんねんやけどどないしたらええ?

お父さん
お父さん
こっから家まで分かるか
あなた

分かるで

お父さん
お父さん
ほな自転車乗って帰ってきい
他の荷物は謙杜と運んどくから
あなた

分かった
ありがとう
そないする

謙杜
謙杜
じゃあ姉ちゃん先行っとくな
家に到着
お母さん
お母さん
おかえりなさい
お父さん
お父さん
ただいま(同時)
謙杜
謙杜
ただいま(同時)
お母さん
お母さん
あらっ?
あなた一緒ちゃうの?
お父さん
お父さん
自転車あってどないしても車に乗らへんさかい自転車乗って帰ってきてって言って先に帰ってきた
お母さん
お母さん
そうなのね

自転車あったの忘れてた
通学で必要やから
謙杜
謙杜
お父さん
荷物下ろすし手伝って
お父さん
お父さん
はいはい
ごめんごめん
お母さん
お母さん
私も手伝いますよ
10分後
あなた

ただいま

お母さん
お母さん
おかえりなさい
謙杜
謙杜
おかえり
あなた

荷物運べた?

お父さん
お父さん
とりあえず分かるのは部屋運んだ
ごちゃまぜのは空き部屋に置いてる
場所はお父さん決めたから謙杜に聞いて
あなた

はーい

謙杜
うちの部屋どこ?

謙杜
謙杜
2階上がってどんつきの右て
あなた

ありがとう

2階にて
お母さん
お母さん
あなたー!

荷物片付け始めた?
あなた

今やってる
今日中に終わりそうにない
明日は謙杜と関西ジャニーズJrの人に挨拶に行くし終わるのが夕方5時くらいやから帰って来てまたやる
とりあえず寝れる場所は確保した

お母さん
お母さん
それなら大丈夫やな
明日帰って来たらちゃんとやりなさいよ
あなた

はーい







あなたです

お父さんとお母さんが仲良く一緒に暮らす事にしてくれて嬉しい

謙杜とも一緒に居れるし嬉しい
これから楽しくなるぞ





作者
作者
作者です
作者
作者
家族4人で暮らすことになって暮らし始めたのでその話と関ジュの内容にこれからなると思います。