プリ小説

第3話

別れて1週間後
夏海side

もう別れて1週間
私はたのめんのみんなに手伝いしてもらった…
私は
告白したいと思います!
直接で言いたいです!


-場面切り替え-

大翔side

夏海は告るのかー
がんばー
俺は槙斗を遊びに誘うしかできないけど…がんばろー
大翔
槙斗、今日遊べる?
槙斗
うん、遊べるけど?
大翔
よっしゃぁぁ
遊ぼう遊ぼう!
(夏海も告られる!がんばー)
槙斗
誰か入れる?
大翔
あっ、結愛と岳洋と夏海入ってるよ!
槙斗
オッケー、どこ集合?
大翔
じゃぁ、○○園で!
槙斗
了解ー
-場面切り替え-
大翔
夏海ー
夏海
ん?大暉?どうした?
大翔
槙斗遊べるって!
夏海
マジ??やったーーーー待って、緊張するーーー
大翔
まだ学校だよw
結愛と岳洋は一緒に来た
結愛
どしたどした?
岳洋
何か夏海興奮してるね
夏海
してないなー
大翔
槙斗が遊べるって!
岳洋
マシ?
結愛
夏海良かったじゃん!がんばって!
夏海
うん!みんな手伝ってくれてありがとう~
ー放課後ー

夏海side

いよいよかぁー
緊張するなー
夏海、頑張れーっと
よっし、準備オッケー!
いってきまーす
夏海
あっ、結愛!
結愛
夏海ーがんばって!
岳洋
もう来たんだー
夏海
うん!何かすげー緊張する!
大翔
そりゃそうだよ、告白だもんな
夏海
あっ、大翔ー残り槙斗か
槙斗
お待たせー
夏海
おう、きたきたー
夏海side
私は結愛と話しながら歩いてる
後ろの男たちもそう
私は突然こう言った
夏海
槙斗
槙斗
ん?夏海どうした?
夏海
後で話があるけどいいかな?
槙斗
ん?いいけど?どうした?
夏海
後で教えるから!
槙斗
おう
夏海side

はぁ…緊張したー
これだけでも緊張したー
これは初めての告白だからね!
ドキドキでいっぱい
時間がだんだん過ぎてる!
今がチャンス!
夏海
なぁなぁ、槙斗
槙斗
夏海?
夏海
今から話すよ
槙斗
あぁ、いいよー
大暉、結愛、岳洋は私達を二人きりにさせてくれた
夏海
あのね
夏海
私好きな人が出来たの
槙斗
うん
夏海
あのね
夏海
えっとね
夏海
その人はね
槙斗
うん
夏海
槙斗なの
夏海
ずっと前から好きでした!
付き合ってください!
槙斗
えっ?
槙斗
俺はちょっと気づいているよ?
夏海
えっ?
槙斗
大暉とかも、よかったね、とか言ってくるから
夏海
あいつらめ!
槙斗
俺さぁ、中学受験するの…同じ中学校じゃなくなるの…それでも構わないなら、いいよ!
夏海
うん!構わない!よろしくお願いします
夏海
あっ!お願いがある
槙斗
ん?何?
夏海
付き合ってる事たのめん以外誰にも言わないで欲しい!
槙斗
うん、いいよ
夏海side

やったーーーー
オッケー貰った!
私はみんなを呼んだ
夏海
大暉ーーー
結愛ーーー
岳洋ーーー
もういいよー
結愛は私を引っ張って、小さい声で聞いた
結愛
夏海ーどう?
夏海
オッケー貰った
結愛
マジ?おめでとう!よかったね!
夏海
うん!
この日はずっと忘れられない、すっごくいい思い出♡

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

なっちゃん~夏思~
なっちゃん~夏思~
よろしくですー
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る