無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

今宵戦うのは。
まふまふ
まふまふ
づあ"ー!暇だから出てきたけどさぁ?
なんっっっっにもなぁぁい!
あ、どうもまふまふです。
今戦いがなく超絶暇です助けて。
??
??
ねぇ、そこのお兄さん、暇してそうだねぇ?
まふまふ
まふまふ
ん?誰ですか、
そらる
そらる
俺はそらる。よろしく。
まふまふ
まふまふ
(…今まで僕に近づい来る者はいなかった…強いて言えば雑魚の能力者だった…つまりこいつは…)
お前…能力者だな。
そらる
そらる
おぉっと、わかっちゃったか。
まふまふ
まふまふ
何の用だ。
そらる
そらる
おまえを…俺の仲間にしようと思ってな。
こいつ何言って…


そう思っていると、【そらる】と名乗った男は此方に手を差し伸べた。
そらる
そらる
ほら、悪いようにはしないよ。
俺の仲間になればいいんだから。
おいでよ。俺の戦いの世界へ。
まふまふ
まふまふ
僕は…自分の能力だけでいいんです。


【能力解放:能力無効】
そらる
そらる
能力無効…?
僕は【そらる】の手を取る。
すると、そらるは目を見開きこう言うのだ。
そらる
そらる
なっ…能力が発動されない…!?
まふまふ
まふまふ
…これで僕の勝ちは決定ですよ。
ちょっと痛いけど、我慢して下さいね。
僕はそらるにゆっくり近づき、
傍にあった鉄パイプを持ち、
そらるの後頭部に殴り付けた。
そらる
そらる
い"ッだ…
まふまふ
まふまふ
大丈夫です、死なないので。
そらる
そらる
ぉ、ま、、なにし、て…
そらるはそう最後に言って、地面に崩れ落ちた。
まふまふ
まふまふ
能力が無効化だけなの不便だなぁ…。
能力欲しい…こいつ使えるかな。
"そらる"の仲間になるんじゃなくて
"僕"の仲間にしちゃえばいいのか。
まふまふ
まふまふ
ふふっ、そうとなれば連れて帰りましょうか。
僕が最強になるために。
新しい能力を手に入れるために。
☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
帝月藍屋(みかづきあいや)
帝月藍屋(みかづきあいや)
あい、ここで【そらまふ編今宵戦うのは。】終了です。
まふまふ
まふまふ
駄作すぎませんか。
そらる
そらる
俺全然喋ってない挙句に鉄パイプで頭殴られたんだけど。
帝月藍屋(みかづきあいや)
帝月藍屋(みかづきあいや)
…ごめんちゃい。
まふまふ
まふまふ
ちゃんと謝ってください。
そらる
そらる
そーだそーだー。
帝月藍屋(みかづきあいや)
帝月藍屋(みかづきあいや)
ごめんなさい( ;∀;)
うらた
うらた
あ、まふ達が駄作者泣かせてる。
まふまふ
まふまふ
いや、違っ、これは違うんですよ!
(><)ブンブン
そらる
そらる
うらたくん!俺らは泣かせたわけじゃないんだよ!(><)ブンブン
うらた
うらた
…まぁどーでもいいですけどね。
帝月藍屋(みかづきあいや)
帝月藍屋(みかづきあいや)
(´つω・`)シュン
まふまふ
まふまふ
キッッツ
帝月藍屋(みかづきあいや)
帝月藍屋(みかづきあいや)
泣くぞ
まふまふ
まふまふ
やめて泣かないで
帝月藍屋(みかづきあいや)
帝月藍屋(みかづきあいや)
分かった泣かない
うらた
うらた
お前ら早く締めろよ
そらる
そらる
はーい、ソレじゃ、みんな!
そらまふうら作者
そらまふうら作者
おつあいら!