無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

くじ引き
霧崎 茉優
霧崎 茉優
とりま、颯斗追いかける?
天使子
天使子
まあ、なんか迷子かなんかで通報されそうですもんねww
そしたらあいつブチギレそうだなww
モモセ
モモセ
じゃあ、全員で行くか?
アルゴット
アルゴット
いやそれは大人数すぎるだろ
ハンナ
ハンナ
じゃあぐじびきとかで決める?
ライト
ライト
いいわね、それ!楽しそう!
ライトさん、とりあえずその単純思考やめましょっか。
天使子
天使子
分かりました。ではみなさん、LIN◯をご用意ください
霧崎 茉優
霧崎 茉優
天使子ちゃーん?
そーゆー作者が現実世界で困りそうなこと言うのやめよっか?
まあ、おとなしく別の方法でくじ引きをした結果…
ライト
ライト
わあ、天使子ちゃん!
よろしくね~✨
天使子
天使子
…厄介なものを引き当ててしまった気がします
天使子ちゃん、ライトさんチーム。
ハンナ
ハンナ
モモセ、よろしくな!
ハンナ
ハンナ
いやここは、夜露死苦とかの方がいいのか?
モモセ
モモセ
…もう、なんでもいいよ
ハンナ、モモセチーム。
霧崎 茉優
霧崎 茉優
…何て言うか、懐かしい組み合わせだね
アルゴット
アルゴット
メタいんだよお前
そして、私とアル。
霧崎 茉優
霧崎 茉優
てかなんで3チームに分かれたの?
天使子
天使子
それは、1つおつかい・・・・をするためです
アルゴット
アルゴット
おつかい?
天使子
天使子
はい。実はもう食べるものとかが無いんですよ
天使子
天使子
だから私と同じチームになった人に付き合ってもらおうかと
ライト
ライト
え、お買い物!?
天使子
天使子
あ、はい…
ライト
ライト
やったーーーーー!
うおおおおお、燃えるぜええええ!
ライトさん、ちょいと認識間違ってません?
霧崎 茉優
霧崎 茉優
じゃあ颯斗を迎えに行くチームは?
天使子
天使子
それは、モモセさんのチームにお願いしようと思います
モモセ
モモセ
は?なんで?
天使子
天使子
いえ、もしも亜沼くんが暴れてもモモセさんなら止められるかと
モモセ
モモセ
…人任せ
モモセ、その通りだ。
ハンナ
ハンナ
ま、とりま迎えに行こうぜ!
ハンナ
ハンナ
モモセ、この天才イケメン完璧王子の後に続けぇぇぇ!
モモセ
モモセ
…ああ
モモセもう受け入れ始めてるしwww
ライト
ライト
天使子ちゃん、私たちもお買い物♪
天使子
天使子
はーい早く行きましょうね~
…天使子ちゃん、ファイトです。
そういって四人は家から出ていった。
…と言うことは…
霧崎 茉優
霧崎 茉優
…もしかして、これ物語の展開上始めての二人組なのでは?
アルゴット
アルゴット
だからお前メタいんだよ…
このお買い物や迷子の人探しにより。






















私の異世界生活は、
どんどんと二転三転もしていくのだった_____


_______________________


PS.昨日投稿しなくてごめんなさい!