無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

ザッツ・カオス
霧崎 茉優
霧崎 茉優
も、モモ、モモセ…!
モモセ
モモセ
あ?なんだよ
霧崎 茉優
霧崎 茉優
あの、もうちょっと走るスピード落として…!
体育サボってた身としては、きつすぎる…!
モモセ
モモセ
しゃあねえな…
そういうとモモセは私のことを担いだ。
ただ、お姫様抱っこでもなく、おんぶでも抱っこでもなく
普通に担がれた。
たとえるならば…第五人格のピエロが携帯品の催眠器つけた感じ。(分かんなかったらさとみくんの動画みてね!)
霧崎 茉優
霧崎 茉優
いや、あの、頭に血が上ります。
モモセ
モモセ
我慢しろ
そんな薄情な!
モモセ
モモセ
あと、飛ぶから服でもつかんどけ
霧崎 茉優
霧崎 茉優
…へ?
そういうとモモセはジャンプして屋根に乗った。
霧崎 茉優
霧崎 茉優
いぎゃぁぁぁぁぁぁ!
モモセ
モモセ
鼓膜破れる…
霧崎 茉優
霧崎 茉優
え、なにこの動き?鬼滅ですか、それとも進撃の巨人?
モモセ
モモセ
やめとけ
著作権うんぬんかんぬんに引っ掛かったらどうすんだよ?
ぐ、見た目の割に無駄に正論!
とか走行している間に家に着く。
霧崎 茉優
霧崎 茉優
あ、アル大丈夫か…?
天使子
天使子
なんでそんな元気ないんですか?
霧崎 茉優
霧崎 茉優
よったね…
天使子
天使子
何に?
天使子ちゃん、ほんとそれ。
ってかひとつ気になることが…
霧崎 茉優
霧崎 茉優
…ハンナ、なんで踏み潰されてるの?
天使子
天使子
ああ、あれですか
天使子
天使子
足止めしながらナンパするというバカすぎる行為をしていたのでこんなりました
…なんだろう、想像できるような、できないような。
と、とにかく大変な状況だったんだね…
霧崎 茉優
霧崎 茉優
んで、アルは!?
天使子
天使子
今、応急処置をしたところです
天使子
天使子
安静ですよ、多分
え、多分ってなに?
怖いよ?
モモセ
モモセ
ったく、なんだよこのカオス状況…
あそうだモモセいたんだ。
…なんかすいません。うちのバカともが。
モモセ
モモセ
おい。そこの踏みつけ女
クーテ
クーテ
え、私!?
もうちょっと呼び方あったでしょ!
モモセ
モモセ
俺はこの家の所有者だ。
ただちに、その工事とこ、あと今やってるその他もろもろやめろ。
まあ、確かに踏みつけたり色々やってるもんね…
…えと、誰?
クーテ
クーテ
どういうことですか!?
契約は成立しましたよ?
モモセ
モモセ
んじゃ破棄で
クーテ
クーテ
そんな身勝手な!
確かに身勝手だ。
モモセ
モモセ
でも、まだ土地の所有権俺にあるだろ?
クーテ
クーテ
まあ…
モモセ
モモセ
じゃ、もろもろの手続きやるからこっち来て?
そういって客間__いや、この家のなかでは結構片付いているところ__に案内した。
ハンナ
ハンナ
あいつ…見た目の割にはしっかりしてるな
霧崎 茉優
霧崎 茉優
…ハンナ、あまりそこにツッコむな
霧崎 茉優
霧崎 茉優
そこについては少し諦めておけ
ハンナ
ハンナ
…そうなのか?
そうだ。だからやめとけ。
霧崎 茉優
霧崎 茉優
ってかアル!
天使子
天使子
そうですよ!みなさん何勝手にスルーしてるんですか?
天使子
天使子
一応この人ヤバイ設定なんですよ!
霧崎 茉優
霧崎 茉優
天使子ちゃん、気持ちはわかるけどその台詞はやめよ?
毎回のことごとくメタいよ?
アルゴット
アルゴット
…いつもよりうっせえんだけど
霧崎 茉優
霧崎 茉優
うわぁぁぁ!アル!
ハンナ
ハンナ
へい、いつから起きてたんだ?
アルゴット
アルゴット
赤髪の土地の所有権辺りから
結構前からだった!
モモセ
モモセ
…そいつら誰?
アルゴット
アルゴット
そりゃこっちの台詞だ
ハンナ
ハンナ
ふん。何を怖がって前髪を伸ばしているんだ?
天使子
天使子
茉優さん?この人は?
いや待て、情報量が多い。
そして一人意味わかんないこといってるんだが?
そんなザッツ・カオスな状況で一人、
クーテ
クーテ
えっと、帰ってもいいっすかね?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
???
どうだったか?
クーテ
クーテ
『ええ、噂通りのバカたちです』
???
やはりか…
クーテ
クーテ
『しかし、あいつもいましたよ?』
???
?誰だ?
クーテ
クーテ
『___です』
???
!そうか…
そういうと???は電話を切った。
そして、ニヤリと笑うと、椅子から立ち上がった。
???
忙しくなるな…
次の瞬間、???の姿は部屋から消えていた。