無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

昨日投稿しなくてごめん
霧崎 茉優
霧崎 茉優
アルー
アルゴット
アルゴット
あー?
霧崎 茉優
霧崎 茉優
暇だねー
アルゴット
アルゴット
いやほんとマジそれな
うん、会話ですら暇だ。
霧崎 茉優
霧崎 茉優
なんかいっつもさ、ハンナとかライトさわとかがばか騒ぎしてるじゃん
アルゴット
アルゴット
否定はしねえ
霧崎 茉優
霧崎 茉優
だけどさ、ボケがいないとさ
霧崎 茉優
霧崎 茉優
私たちツッコミ族は暇だね
アルゴット
アルゴット
お前、自分のことツッコミ族だと思ってたのかよ…
え、私ってボケだったの!?
アルゴット
アルゴット
つか、俺お前に聞きたいことあるんだけど
霧崎 茉優
霧崎 茉優
なんすかね?
アルゴット
アルゴット
俺って、お前らの仲間になったっけ?
霧崎 茉優
霧崎 茉優
…は?
何を、当たり前の…
アルゴット
アルゴット
だってさ、まあハンナとかモモセとかは認めてるし
アルゴット
アルゴット
ライトさんも乗り気だし、天使子はなんか手伝いしにわざわざ来てんだろ?
霧崎 茉優
霧崎 茉優
まあ、そういう設定だね(メタ)
アルゴット
アルゴット
でも、俺はお前らが俺の家を勝手に拠点にしてるだけで
アルゴット
アルゴット
お前らを仲間だと認めた覚えないんだけど
霧崎 茉優
霧崎 茉優
それは…!
確かに、そうだ。
でも…
霧崎 茉優
霧崎 茉優
…じゃあなんでアルは助けんの?
アルゴット
アルゴット
は?
霧崎 茉優
霧崎 茉優
颯斗とか、ハンナとかモモセとか私とか
霧崎 茉優
霧崎 茉優
なんでみんなのことを助けんの?
霧崎 茉優
霧崎 茉優
私、アルはお人好しとかでそういうことするキャラじゃないと思うんだけど
アルゴット
アルゴット
それは…!
アルがなにかを言おうとするが、その途中
『ピンポーン』
霧崎 茉優
霧崎 茉優
あら来客
アルゴット
アルゴット
タイミングっ…!
私は玄関まで向かう。
霧崎 茉優
霧崎 茉優
はー……
???
失礼しまーす
霧崎 茉優
霧崎 茉優
えーっと、どちら様…?
???
あの、それはいいんですが
???
亜沼颯斗さん知ってますか?
霧崎 茉優
霧崎 茉優
あー、今出掛けてまして…
正確には行方不明ですが。
???
そうでしたか。ここは外れですね…
霧崎 茉優
霧崎 茉優
?どうかしましたか?
???
いえ。では
アルゴット
アルゴット
おい茉優!まだかよ?
霧崎 茉優
霧崎 茉優
ちょいまちアル!
???
…茉優?
その人は首をかしげると、次の瞬間表情を変えずに
???
作戦変更。今からデータを送る奴らを見つけたら捕獲して
???
おいクーテ。殺していいのか?
クーテと呼ばれた人はまた表情を変えずに
クーテ
クーテ
やめて。大切な実験対象品・・・・・
クーテ
クーテ
私が怒られるでしょ
???
そーだよリット!怒られたら萎えるからやめてよね~
???
ニッカ黙っとれ
クーテ
クーテ
早く行ってきてください
???
分かっとれ
???
行ってくるね~
魔法かなにかで会話をするクーテさん。
クーテ
クーテ
失礼します。霧崎茉優さんでしょうか
霧崎 茉優
霧崎 茉優
あ、はい、そうですか…
クーテ
クーテ
失礼します
そういうと、クーテさんは襲いかかってきた。
霧崎 茉優
霧崎 茉優
へあ!?
クーテさんは私を押し倒すと首を絞め始めた。
霧崎 茉優
霧崎 茉優
こ…いう、プレ、イでふ…か?
クーテ
クーテ
こんなときにまでボケ考えるなんて
クーテ
クーテ
ほんとにこの話、ファンタジーなのでしょうか。まあいいでしょう
そういいながらどんどん首を絞める力を強くするクーテ。
霧崎 茉優
霧崎 茉優
(ヤバッ…もうきつい……)
と、その瞬間
クーテ
クーテ
グッ!
私からてが離れた。
霧崎 茉優
霧崎 茉優
グハッ、ウエッ!
苦…しい
アルゴット
アルゴット
ったく、何してるんだよ
霧崎 茉優
霧崎 茉優
ア…ル
アルゴット
アルゴット
あー、これどーゆー状況?
クーテ
クーテ
あなた…ああ、なりそこねのタンスか
アルゴット
アルゴット
なりそこね…タンス?
アルゴット
アルゴット
おいお前、なりそこねも気になるが、なんで俺知ってるんだ?
クーテ
クーテ
なんでもいいでしょう?
クーテはそういいながらアルに襲いかかろうとした。
霧崎 茉優
霧崎 茉優
アル!もしかしたら…
アルゴット
アルゴット
なんだよ…!
霧崎 茉優
霧崎 茉優
もしかしたら、他のみんなも、襲われてるかも…!