無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

状況把握ができません。
それは、いきなり起こった。
シンファ
シンファ
お、お姉ちゃん!
霧崎 茉優
霧崎 茉優
え?!シンファちゃん!
天使子
天使子
っちクソガキが…
天使子ちゃん、ストップストップ。
霧崎 茉優
霧崎 茉優
どうしたの?
シンファ
シンファ
なんかね、町で変なやつが暴れてるの!
霧崎 茉優
霧崎 茉優
へ、変なやつ?
アルゴット
アルゴット
それ俺らん所で言ってもあんま説得力ねえぞ
んまあ確かに。
モモセ
モモセ
とりあえず、行ってみたらどうだ?
モモセ
モモセ
シンファ、だっけ?どこか案内して
シンファ
シンファ
え、あ、うん!
天使子
天使子
…なんであいつ、いま声のトーンあげたの?
霧崎 茉優
霧崎 茉優
天使子ちゃんストップ!
そんなおぞましい声を聞かせないで!
ライト
ライト
私も行ったほうがいいかしら?
霧崎 茉優
霧崎 茉優
…どっちでも
ライト
ライト
なら行くわ!
ハンナ
ハンナ
うん、この王子さまが行けば一網打尽だろう?僕もついていこう☆
霧崎 茉優
霧崎 茉優
あーはいはいそうですねーすごいねー
私は二人を適当にあしらいつつ、問題の場所に向かった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
霧崎 茉優
霧崎 茉優
な、何してるの…?
私たちが行った先にいたのは…
亜沼 颯斗
亜沼 颯斗
あ?
颯斗だった。
ハンナ
ハンナ
おま、何してる?!
亜沼 颯斗
亜沼 颯斗
おー、馬鹿じゃん
ハンナ
ハンナ
その認識やめろ!
いやそれより公共の場でこれ以上言い合わないで!
恥ずかしいでしょ?!
亜沼 颯斗
亜沼 颯斗
僕は貴様らとは『格』が違うからな
霧崎 茉優
霧崎 茉優
は?
亜沼 颯斗
亜沼 颯斗
僕が使う魔法を見ろ!庶民どもが!
颯斗はそう言うと体から何やら白い煙のようなものを…
アルゴット
アルゴット
もしかしてこれ…風?
つまり、颯斗の魔法は…
霧崎 茉優
霧崎 茉優
風、魔法?
モモセ
モモセ
くっそ!ただでさえ使いこなせる体質が少ないから練習できてねえのに…
霧崎 茉優
霧崎 茉優
どゆこと?
モモセ
モモセ
学校で魔法同士のぶつかり合いの訓練みたいなのがあるんだよ
モモセ
モモセ
風魔法は適合者がすくねえからあんまり対峙したことがねえんだ!
なんですと!?
亜沼 颯斗
亜沼 颯斗
その通り!風魔法は適合者が少ないがゆえにこんな最強魔法に対峙できるものが少ない
亜沼 颯斗
亜沼 颯斗
遠距離も近距離も迎え撃てる、この僕のように完璧な魔法なんだ!
なんか自慢しながら解説してる…器用だな!
霧崎 茉優
霧崎 茉優
じゃ、どうするの…?
するとずっとだまっていたライトさんが口を開いた。
ライト
ライト
ねえモモセくん。
君の魔法ってくっつけられるんだよね?
モモセ
モモセ
え?ああ、そうですけど…
ライト
ライト
じゃあ剥がすことってできないの?
モモセ
モモセ
まあ、できなくはないと思うけどやったことがないからな…
どゆこと?
状況把握ができません。
アルゴット
アルゴット
!そういうことか!
ハンナ
ハンナ
なんだ?わかったのか?
天使子
天使子
これはたぶん、颯斗さんから風を分離してそのすきをついて攻撃をする、ということではないでしょうか?
霧崎 茉優
霧崎 茉優
なるほど!
つまり、風を剥がしてそのすきに攻撃して…
霧崎 茉優
霧崎 茉優
最終的にダメだったら私の魔法でどうにかするってことね?
ライト
ライト
んー、まあそういうことじゃない?
なんで提案者のライトさんが疑問系なの?
ハンナ
ハンナ
つまり、ここでは僕たちの力が試されるんだね!
それを合図に私たちは気合いを入れ直した。
モモセ
モモセ
…いや、主に頑張るの俺なんだけどな