無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

#4 過去(ダンス)
お母さん
お母さん
(無事にファンクラブに入ることができ、LIVEにも当選して言ってきたんだよね。
家に帰ってきてから侑李がずーとダンスしてるの
ライブ行ってきてもう5日も経つんだけど
ダンス好きなのかなぁ?)
あなた

ママー
侑にぃーずーと踊ってるね

お母さん
お母さん
そうだね
(よし、聞いてみよう)
お母さん
お母さん
侑李
ダンス好きなの?
知念侑李(幼少期)
知念侑李(幼少期)
うん
大野くん見てからダンスが好きになったの
お母さん
お母さん
じゃあダンススクール通う?
知念侑李(幼少期)
知念侑李(幼少期)
えー!!!!!!!!
いいの?
お母さん
お母さん
もちろん
侑李の好きなことしなさい
知念侑李(幼少期)
知念侑李(幼少期)
ありがとう
あなた

あなたもダンススクール通いたい

お母さん
お母さん
あなたは、まだ早いよ
来年ね
4歳になったらね
あなた

1年かぁ長いなぁ

知念侑李(幼少期)
知念侑李(幼少期)
お母さんボク頑張る
お母さん
お母さん
おー頑張って
あなたと侑李が寝る😴
お父さん
お父さん
ガチャ🚪
ただいま
お母さん
お母さん
おかえりなさい
お母さん
お母さん
お父さんお願いがあるんだけど…
お父さん
お父さん
??
どうした?
お母さん
お母さん
侑李をダンススクールに通わせたいと思ってるの
嵐のLIVEに行ったら大野くんに一目惚れしたらしくてさ、
ダンスのこと好きになったんだって
お父さん
お父さん
良いんじゃないか
侑李にもあなたにも好きなことしてもらいたいしな。
そっかー 一目惚れか
俺もお母さんに一目惚れしたもんな
お母さん
お母さん
(/ω\)
お父さん
お父さん
照れてる
可愛い
next
作者
作者
作者です
最後の方お父さんとお母さんイチャイチャしてましたね
子供がいないからって
まぁ許してあげましょう
こういう時間も世の中には必要ですからね
作者
作者
現在に行くまで時間がかかりそうですね😅
すみません