無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

🍽
364
2022/05/02 11:46
あなた
て言っても、審査する人いないね。
幸平城一郎
あ"-どうスっかなぁ。
ふみ緒
私がやろうか??
あなた
わッ!!ふみ緒さん!?!!?!
幸平城一郎
いつの間にいたのか~!?
ふみ緒
私なら、あなたの件も知ってるし。
いいだろ??
あなた
問題ありません!
幸平城一郎
うし!!



ふみ緒
お題は……ん~…


ふみ緒
チャーハンにしようか。
あなた
チャーハン……
幸平城一郎
無難すぎてムズいの来たなぁ……
ふみ緒
制限時間は30分!
ここにある調味料等は
自由に使って構わないよ
ふみ緒
では!!よーい



ふみ緒
スタート!!








ザッザッザッザッザッ!!!!!





あなた
(ん~…どうしよっかなぁ。)
チャーハンで重要なのは
食感。風味。
特に卵。


卵をどう使うかによって、
結構味も食感も変わる。

あなた
決めたきめた~


















ふみ緒
終了!!!!
あなた
ギリギリ~…!
幸平城一郎
早く出せよあなた~(笑
あなた
待って待って……





ふみ緒
……なんだこれは…!!!!
城一郎の皿は、
クローシュが被っているのに
匂いがぷんぷんと。


ふみ緒
じゃあ……城一郎の方から。





パクッ!




幸平城一郎
あなたもどうだ??
食ってみろよ(ニコッ
あなた
((遠慮なく))


パクッ!










はわぁ……!!!!!!!♡

あなた
なにこれ…水分多い野菜を
使ってんのに、
べちゃべちゃしてない。
あなた
それどころかすごいパラパラ、!!
ふみ緒
オイスターソースと卵の
絶妙なバランス…!!
米にも味をつけ、
匂いを無理やり大きく…!!
あなた
なにこれすっげぇ!!
幸平城一郎
静かにしろ(笑
バレたら仕方ねぇだろ
あなた
あぁ。うん
でも匂いに釣られちゃうんじゃ…





幸平城一郎
あ。






あなた
ふみ緒さん!!
早く審査終わらせて!!!!!!!
匂いで来ちゃう!!!!
幸平城一郎
お願いだふみ緒さん!!!!
ふみ緒
ハイハイ、わかったよ、!!








あなたの皿のクローシュを開ける。










ふみ緒
……匂いが…ない、??
幸平城一郎
匂いがないだって??
あなた
おあがりよ-
あなた
食べて見ればわかるよ
ふみ緒さん。
あなた
このチャーハンの秘密がね(ニコ

















パクッ



















ふみ緒
!?!?!!!???!?!!!????!!
幸平城一郎
……嘘だろ…
あなた
そうです!!
このチャーハンは。



あなた
世界五大料理を全て合わせた
スペシャルチャーハンなのです!!
あなた
ひとつ作って、一気に合わせたから、
味はみれてないんだけど、
五大料理のひとつひとつを作って、
それを最後に合わせた。

簡単に言っているが、
相当なことで、

お互いの個性がぶつかり合って、
本当ならとても不細工になる。

でも東雲の料理は??


ふみ緒
言葉が出ない……
幸平城一郎
本当に、全部が感じられる…
ふみ緒
しかも、匂いがないのは…
卵のせいかい!?
あなた
実際は、野菜と卵ね
あなた
まず卵は米によ~~~~く搦めて、
1粒1粒に絡まるようにするの。
あなた
予め米にはシーフードの
味をつけてあるから、
噛んだ瞬間に
風味が広がるっていう原理。


あなた
今日調子悪くて、本気出せねえや(笑
ごめんね~お父さん
幸平城一郎
どこまでバカにしてんだか、


ふみ緒
勝者 あなた!!




あなた
おそまつ!