無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

638
2018/03/29

第3話

スイーツオタクが現れた[エート目線]
俺の弟、テオが女の子を連れてきた。
俺は、リビングにいる。
テオがリビングにはいって、冷蔵庫から
マウントレーニアのカフェラッテを2つとる。
エート君
こらこら、落とすぞ。
テオくん
おっとっと...
エート君
ほら、1個持ってやるから
テオくん
サンキュー...
エート君
...ん。
テオくん
ありがと。
早足で自分の部屋に行くテオ。
俺の部屋もあるけど
汚すぎてリビングにいる←
エート君
あいつにも彼女...か
ちょっとちょっかいだしたろ。
エート君
誰か来てるの~?
とね笑
ドアを開ける。
...あ、お邪魔かな。
しくった。外行っとけばな。
Kissしたかしようとしたかだろ。
てかさ、彼女さんすげぇタイプなんだけど。
やばい


??「あ、お邪魔してます...」
うわカワボ。
テオくん
どした?
エート君
んー?誰か来てるのかって思ってさ。
お邪魔しますよと。
テオと彼女さんの真ん中に座る。
エート君
君、名前は?
あなた

あっ、藤枝あなたです!

エート君
苗字まで丁寧にどうも。(ポンポン)
あなた

!?…///

テオくん
...ねぇ。
エート君
ん?どした?
テオくん
自己紹介しなよ。
エート君
あ、あぁ。
俺は、寺島エート。
こいつの兄。
あなた

こんにちはっ!

ってか藤枝あなたって どっかで...
聞いた覚えが...
...!!
エート君
あっ!親認識ちゃんだ!
テオくん
その呼び方やめろよな。
そっか~!彼女じゃないっかー!←
エート君
そしてじんたんの妹!
あなた

はいっ!

テオくん
なんで知ってるの!?
エート君
俺じんたんの親友
テオくん
マジ!?おぉ!
エート君
あなたちゃん
マウントレーニアのカフェラッテ好きなの?
あなた

あっ、はい!
ほろ苦い感じがたまらないんですよっ!

エート君
好きなスイーツは?
あなた

合計6つです!

エート君
おぉ!言って?
あなた

まずショートケーキ!
クリームの甘さと苺の甘酸っぱさと
スポンジのサフサフさがぎっしりとつまった
最高のスイーツなのです!

エート君
ほうほう
あなた

そしてプリン!
市販のプリンではなく、自分で作ったプリンの方が
何倍も美味しいのです!
カラメルをちょっとだけ苦くして
あとはあま~く!するのです!

エート君
ふむふむ
あなた

次はアイス!
もちろんこれも市販のアイスではなく、
手作りのです!あっ!ショートケーキもですよっ!?
アイスには、いろんなトッピングがききます!
これは甘さだけのアイスなのです!

エート君
...おう。
あなた

そしてマカロン!
マカロンはとっっても気まぐれなのです!
成功する時もあり、失敗しちゃう時も...!
でも、マカロンは裏切りません!
失敗しても、見た目は残念しょんぼりですが、
焦げてなかったら美味しいのです!
食紅でいろんな色をつけて、カラフルに!

あなた

お次はチョコレート!
チョコレートはいろんな種類があります!
ブラック 苺 バニラ お抹茶
チョコレートを溶かしたら、いろんなスイーツに
デコレーションできますっ!

あなた

そしてパフェ!
パフェには、女子の夢がたっくさん!
詰まってるのです!
パーフェクトなのですっ!
作るのは大変なのですが...
作りがいがあるスイーツなのです!

あなた

そしてスイーツには、
元気と笑顔と知性と勇気と、自由と情熱と、
美しさとトキメキと、強さと愛と、夢と希望が
大切なのです!

あなた

さらにスイーツには
キラキラがあるのです。
闇キラキラというのもあります...
闇キラキラというのは、さっき言った
大切なものが全てスイーツから失われてしまって
色がなくなり、キラキラが見えなくなるのです...

あなた

スイーツは科学なのです!

エート君
...お、おぉ
あなた

...( ゚д゚)ハッ!
...ひゃぁぁぁぁ
テオきゅぅぅう!
やっちゃったぁぁぁ!(ギュ)

テオくん
喉乾いたでしょ、飲みな。
あなた

んっ、(ゴキュゴキュ)

エート君
...すげぇな。
相当スイーツ好きなんだな!
あなた

...はい(❁´ω`❁)