無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

663
2018/04/02

第4話

お風呂
沢山、テオくんとエート君とお話して
夕方になってた
あなた

あっ、もうこんな時間か...

エート君
止まってけよ
あなた

え...でも...

テオくん
あなたなら  
大歓迎だよ!
あなた

じゃあお言葉に甘えて...!

エート君
今日かぁさん友達と旅行行ってるし
あなた

じゃあ3人だけやね!

テオくん
だね!
あなた

あっ、おにいちゃんに
連絡するね

エート君
ほーい
あなた

あっ、モシモーシ>(´▽`[]ゝ

じんたん
(*´▽`)ノノヤホー
あなた

あのさっ、今日テオくんの家に
お泊まりしていいかな...?

じんたん
いいよー!
あなた

ありがとう!

エート君
いいって?
あなた

うん!

テオくん
じゃあお風呂入れてくるね
エート君
ほーい
「ガチャ...バタン」
エート君
...あなた
あなた

ん?

エート君
...chu
あなた

んっ!?

エート君
...テオばっかりずりぃよ。
あなた

…///

エート君...
やっぱりテオくんのお兄さんだ。
いじわる
テオくん
お風呂をいれました
あなた

ふふ、ありがとう(❁´ω`❁)

テオくん
っ...いえいえ
ーー
テオくん
お風呂湧いたからあなたはいりなよ
あなた

えっ、私最初でいいの?

エート君
もちろんじゃん
あなた

あ、でも服が...

テオくん
はい、おっきいかもだけど
あなた

あっ、ありがとう!
じゃあはいってくるね

(バタン)
お風呂場に
「チャポン」
あなた

フゥ...きもちぃ...

入浴剤がはいってる...
私の好きなラベンダーの匂い
あなた

んんっ...ブクブク

お風呂のお湯に口をつける
あなた

ぷはあっ