第35話

episode .
1,360
2022/03/29 11:11
目黒side



あなたと結ばれた後、車に乗りながら
街のイルミネーションを見に行くことになった。

2人ともイルミネーションとか空とか見たりするのが
好きだから、普段人目を気にしないで2人で出掛ける
ことができない分、昔からよく車で見に行ったり、
どんなに暑かろうが寒かろうがベランダから夜空を
見上げていた。
目黒 蓮
目黒 蓮
あなた、
.
黒麗
黒麗
ん、!?
さっきの恥ずかしさがまだ残っているのか、
少し声を上ずらせながら返事をするあなた。

やばい…。
圧倒的に可愛い。
目黒 蓮
目黒 蓮
眠くない?
.
黒麗
黒麗
…こんなに暗いんだけどさ、
まだ7時なんだよね〜、今。
.
目黒 蓮
目黒 蓮
え、マジで(
.
黒麗
黒麗
うん笑
.
目黒 蓮
目黒 蓮
ここら辺綺麗だわ〜
.
黒麗
黒麗
ほんとだ!
本当は歩いて見て回りたいけど、車で走りながら
見て回る。

そんなでも楽しそうに目をキラキラさせながら
窓の外を眺めるあなたは子供みたいで、でも誰よりも
綺麗で毎年見てるけど毎年見惚れている。



このあなたの姿は誰にも見せなくないし、
俺だけのものだけにしたい。
目黒 蓮
目黒 蓮
ここで待ってるから
外で見てきても良いよ?
.
黒麗
黒麗
1人寂しいもん…
そう言うと窓の外を見て拗ねたかと思うと、
急に何かを閃いたのか楽しそうに携帯を渡してきた。
黒麗
黒麗
車の中から写真撮って?
.
目黒 蓮
目黒 蓮
分かった
そう言うと嬉しそうに車から降りて、
俺がスマホを構えたのを確認すると次から次へと
ポーズを決めていく。

通り過ぎる人も何事かと振り返っていくけど、流石プロ。
視線を気にする事なくポーズを決める笑



「え、あれってさ、」

「だよね、!?」



周囲の人たちがあなたの存在に気づき始め、
だんだんと騒がしくなってきた。



「あの、黒麗あなたちゃんですよね、?」



その時、二人組の女子が話しかけた。
黒麗
黒麗
あ、違います、、
1「いや、黒麗ちゃんでしょ?」



2「ね〜、別にいいじゃんか」
黒麗
黒麗
あ、なんかすいません、、
黒麗
黒麗
それじゃあ…
2「あ、ちょっと、!?」



わーわーわーわーうっさい奴だな。

お前らは卵から返ったばっかで親鳥に餌求めてる
小鳥かよ(
黒麗
黒麗
ただいま〜笑
.
目黒 蓮
目黒 蓮
おかえり
.
黒麗
黒麗
あの子たちの口縫おうかと思った笑
.
目黒 蓮
目黒 蓮
え、
あ、そーだったわ。

あなた、キレると口悪くなるんだったわ。
目黒 蓮
目黒 蓮
縫っちゃえばよかったのに
.
黒麗
黒麗
やっぱ?笑
そんなこんながあり、無事家に帰還。

あなたにとって、幸せで特別なクリスマスに
なってたらいいな、。
黒麗
黒麗
蓮くん、すっごい幸せな
クリスマスだよ!!

俺の彼女って最高じゃない?

絶対幸せにするから、
















♡×30

プリ小説オーディオドラマ