無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

銀の箸、脅迫事件の全貌を暴露。
メイ「って事で、銀の箸を、用意したんだ。」
メイ「私の故郷(未来)での、雑学で毒物が入ってるか見分けるのには銀の箸や銀皿は有名だからね。」
大名の姫君「…っ、……」
メイ「まぁ、ざっくり説明するとそんな感じだよ。」
家康「で、どうするんですか?」
大名の姫君「…申し訳ございませんでした。信長様!!」
大名の姫君「どうか、お許しを…」
信長「…何故、俺に謝る?」
信長「メイに謝るべきだろう。」
大名の姫君「…くっ、…申し訳ございませんでした…。メイ様」
メイ「……」
大名の姫君「ですから、どうかお許しを、」
メイ「…ですから?…私からしたら、心から謝罪している者の発言とは思えないけ〜ど???((●゚ν゚)」
メイ「あのさ、毒って人間の体内に入ちゃうと、すぐ死ぬんだよ?」
大名の姫君「…はい、分かっております…しかし、毒を入れたのは女中です!脅迫状は従者がっ!」
女中・従者「っ、……」


見てるだけで見苦しい。誰もがそう思った。
メイ「……て」
大名の姫君「…?」
静かに姫君の元まで近づくと、
メイ「周りに擦(なつ)り付けるのもいい加減にしろよ…」


低い声で言葉をぶつけた瞬間
バシっ!
大名の姫君「っ!」
武将達「っ!」
武将達(一応、姫君相手なのに……叩いちゃった。σ(((;・ω・;;;))))
メイ「貴方は、自分勝手過ぎる…」
大名の姫君「なっ!」
メイ「貴方はいくら身分が上だからって、調子に乗りすぎてるんじゃないの?」
メイ「確かに、貴方は姫君なのだから、命令すれば従う者もいる。でもさ、」
メイ「もし、それが当たり前だと思っているなら。その考えは捨てた方うが良いよ。」
メイ「この世界は…全て貴方の思い通りになるとは思ってはいけない。」
メイ「貴方の行動次第で…最悪、裏切られる事もあるんだよ。」
メイ「それが…時には、人生の終止符を打つこともあるんだよ。((●゚ν゚)」


メイ「ザクッ!」


大名の姫君「…ひぃっ!」


メイは姫君の首元を人差し指で指す。


「なぁーんてね〜?」そう言いながら微笑む。
大名の姫君「あ、ぁぁ……」
メイ「あれ?今のだけで怯えてるの?」
メイ「私だって、毒を盛られると思ったら少し怖かったんだよ?」
武将達(…少し?(・д・。))
メイ「罰はまだまだ、だよ?」
メイ「って事で、のぶっち〜?」
メイ「…後は私に任せて貰える?」
信長「ああ、分かった。」
ー〜
姫君の父である大名に事の経緯を書簡に書いて送った。
そして、滞在時間を伸ばし
メイが姫君に罰を与える…
メイ「さて、何してやろうかな?((●゚ν゚)(クスクス)」
姫君「ひぃっ!……ゆ、許して…(泣)」
メイ「ふふふっ♪」
武将達(…大丈夫かな?(;´∀`))