無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

‪𓂃 𓈒𓏸◌‬
あなた

ユンギ、お待たせ!

ユンギ
俺もさっき来たところ。
ユンギ
(はあ??可愛すぎない?………なんて言えたらいーーーのになぁーー)
あなた

わたし、かき氷たべたいなあ、並ばない?

ユンギ
いいよ、並ぼ
ユンギ
俺はブドウにするけどあなたは?
あなた

んーーー、いちごにしようっと

かき氷ゲット
あなた

暑いから余計においひい〜!

ユンギ
はい、こっち見て。
あなた

ん?

ユンギ
口開けて、あーん
あなた

ふえっ?!…………ブドウ、おいしっ!!

あなた

あっ、気づいたらもう暗くなってきたね
時間経つの早いなぁ