無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

‪𓂃 𓈒𓏸◌‬
映画も終盤に差し掛かる頃だった
ユンギ
…ちゅ
あなた

?!!?

あれ、俺何やってんだろ


でもやべー、唇ってこんなにやわらかいのかよ

…だめかもしれない
----------------あなたside

ふぇっ!?!へええええ!!?!?

いやいきなり!?…まあ彼氏だからおかしくはないのか…?

んんん、なんかユンギのくちびる柔らかくて離れたくないなあ

----------------------------------
座ったままキスをしていたのにいつのまにか私はユンギの腕の中にいた。

やさしいけど、かたく、がっしりと抱きしめられている。

好きな人とゼロ距離、こんなに幸せなんですか…?