無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

‪𓂃 𓈒𓏸◌‬
《あれから1ヶ月後、体育の授業にて》
ホソク
なんかさ、最近あなたちゃんと仲良くなってない?笑
ユンギ
え?そうか?
ホソク
だってほら、さっきあっちのコートからお前のこと見てたよ
ユンギ
(えっ…?昇天していいっすか……?)
ユンギ
見間違いじゃねーの
テテ
照れてる?
グク
ほらー、素直になりなよー!
ユンギ
…まあカカトとかでも話すようになったし
ユンギ
席も隣だから話すことも増えたし
ジミン
ねえもうそれさぁ、あなたちゃんもお前のこと好きになっちゃった説。笑
ナムジュン
いいなぁ、青春してんなぁ
ユンギ
やっ、別に話してるだけだし
グク
ユンギは好きなんでしょ〜?(。-∀-)
ユンギ
だっ、お前ふざけn…
ナムジュン
ユンギ、
テテ
す
ホソク
な
ジミン
お
グク
に
ジン
な
ナムジュン
れ
先生
よ
ユンギ
…!?
センセー?!
先生
詳しいことは分からんけど、好きな人がいるなら後悔しないように気持ち伝えろよ。( ๑•́ㅅ•̀๑)و グッ!
ユンギ
いや、グッじゃねえよ、、
先生
俺もなぁ、高校の頃好きな子がいたんだけど最後まで想い伝えられないまま卒業してめっちゃ後悔したんだよ。

後悔だけはすんなよ。