無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

‪𓂃 𓈒𓏸◌‬
ユンギ
…さっきは素っ気なくしてごめん
ユンギ
隣の席、よろしく。
あなた

いや!大丈夫だよ、こちらこそよろしくね

あなた

ユンギって、バスケ部だよね?

あなた

この前体育館で自主練してるとこたまたま見かけて。

あなた

頑張ってたね!!

ユンギ
えっ、見てたんだ。
ユンギ
なんか、はずかしいけど…ありがとう
あなた

うん!

あなた

わたし、ユンギに避けられてるかなぁって思ってたけど

あなた

まさかカカト送ってくるとは思わなくて笑

あなた

嬉しかった。笑

[ユンギの心の中を覗いてみましょう]

っっっはぁ?!嬉しかったとか言われたら脈アリって思っちゃうじゃん

あなた、俺のことどう思ってるんだろ…。

避けられてるって思われてたとかメンブレなんだけど?!?!!?!

……ユンギさんかわいすぎません?(作者の感想)
ユンギ
避けられてるって思わせてたなんて…ごめん
ユンギ
全然そんなじゃないから、大丈夫だよ。
ユンギ
嬉しかったって聞いて、安心した
こうして二人の仲は縮まり…