無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

222
2020/03/22

第3話

💎
次の日




うわ、早速靴がない。と思って代わりの靴持ってきてたんだよね(先生にも許可とってるし)
U
やっぱこの靴(👠)可愛い〜
U
赤が1番かっこいいわ。目立つしまじ最高






次は何かなぁ〜
U
あっ、今度は机の中に生ゴミ!
U
コレはひよこにプレゼントしよーっと

♥


まじで教室多すぎ、道に迷ったじゃんか
U
あっ、ここか
U
しつれーしマース
A
なんで、お前学校きてんの?
U
あっ、いた
U
はい、コレどーぞ昨日のお詫び
U
じゃぁね




ヤバい急がないと、授業遅れる
テヒョン
ジミナ、何それ
グク
あの子の机に入れて置いたゴミじゃない?
ジミン
……………あいつ









♥下校
ソクジン
ねぇ、ねぇ君って昨日ジミナをひっぱたいた子?
U
ジミン?…………ひよこですね。はいひっぱたいてしまいました。
U
何か、問題でも?
ユンギ
問題ありまくりだろ
U
えっ、そうなんですか?今までやられ続けたから少しはやり返していいのかなぁっておもって
ホソク
HAHAHA、その子面白いね
U
あ、ありがとうございます
ユンギ
褒めてねぇよ
U
とりあえず、どっか教室に行きません?ここめっちゃ人に見られるんですよ
ソクジン
いいね、そうしよっか






♥
U
あの、ここどこですか?
ソクジン
ここ?あぁ、ここは俺たちの部屋だよ
U
わーすごーい
U
で、なんで私を呼んだんですか?
ソクジン
え、ジミナが君に復讐したいって言ってたから
U
あらヤダ
ジミン
ヒョンあいついましたk
U
やっほ
ジミン
お前………1発殴らせろ
U
どうぞ、でも顔はやめてください
U
せめて、足とか腕でお願いします
グク
なんでよぉ、殴るって言ったら普通顔でしょ?
U
いや、そうなんですけど腕とかの方が沢山痣あるしあなたが1個つけたとしてもバレにくいでしょ?
U
はい。どーぞ



♥ジミンside
"はいどーぞ"そう言ってあいつは俺に傷だらけの腕を見せてきた
ホソク
うわぁ酷いね
U
ですよね?私夜とかドレス着ないといけない人なので体に傷つけれないんですけどねぇ
ナムジュン
え?ドレス?
U
いや、なんでもないですよ
U
で、どうします?
ユンギ
ジミナ、体を傷つけるより精神的に苦しめた方が面白いんじゃないか?
ジミン
あぁ〜なるほど
ジミン
そうしますユンギヒョン
U
どっちにしろ私は虐められると
テヒョン
うん!
U
ま、いいや
U
顔だけはやめてくださいね、もし顔を傷つけられた場合私の全権力を使ってこの学校ごと潰します
U
じゃ、バイバイ






バイバイと言ってあいつは去っていった
グク
これからはあの子どうなるんでしょうかね
ソクジン
さすがの僕でもわかんない
ジミン
楽しみだな、これからが










NEXT