第24話

No.23
61
2021/09/04 14:40
晴人
晴人
は?
太我
太我
あ、ハル!
晴人
晴人
ごめッ…
太我
太我
ハル!!
(なまえ)
あなた
ハル!待って!
太我を見つけたらなぜかリアと太我の頭が重なってて、そのとたん、ハルも達也くんも私も思った。キスしてるって。それを見たハルは来た道を戻った。すごくショックを受けたみたいだ。それを私と太我と達也くんは追いかけようとした。
太我
太我
ハル!!
達也
達也
太我、お前はいとけ
太我
太我
でも…!
達也
達也
あなた、ハルお願い
(なまえ)
あなた
わかった…!
走っていったハルを追いかけた。探した。そうしたら、軽音楽部の部室にいた。
(なまえ)
あなた
ハル!
晴人
晴人
あ…あなた…
(なまえ)
あなた
ハル…大丈夫…?
晴人
晴人
う…ん…!
晴人
晴人
大丈夫だよ…!
(なまえ)
あなた
嘘つき
(なまえ)
あなた
泣いてよ。泣いてたんでしょ?
(なまえ)
あなた
私の前では素直になって
(なまえ)
あなた
ハル…
ハルを抱きしめた。するとハルは泣きはじめた。
晴人
晴人
俺ッ…やだったのッ…
(なまえ)
あなた
うん
晴人
晴人
太我がッ…太我が離れるのがやなのッ…!
(なまえ)
あなた
私も嫌だよ。太我とハルが離れるの
晴人
晴人
太我ッ…リアとキスしてたッ…
(なまえ)
あなた
してないよ
晴人
晴人
でもッ…太我ッ…抵抗してなかったッ…!
(なまえ)
あなた
してたよ
晴人
晴人
でもッ…!でもッ…!
(なまえ)
あなた
ハル!
(なまえ)
あなた
ハルは…太我が好きなんでしょ…?
晴人
晴人
こくっ
(なまえ)
あなた
なら信じてあげなよ
(なまえ)
あなた
キスしてないよ
晴人
晴人
ッ…
晴人
晴人
そうッ…だよねッ…
晴人
晴人
信じるッ…ありがとッ…あなたッ…
(なまえ)
あなた
いいよ
(なまえ)
あなた
戻ろっか
晴人
晴人
うんッ…!
______________その頃達也くんたちは…
達也
達也
で?説明しろよ
太我
太我
達也くん!これはちがくて!
達也
達也
だから、なにがちげーんだよ
達也
達也
説明しろっつってんの
太我
太我
えっと…
莉亜 リア
莉亜 リア
私がッ…!私が悪いの…
莉亜 リア
莉亜 リア
私が太我くんのこと好きって言ったから…
達也
達也
で?なんでキスしたの?
莉亜 リア
莉亜 リア
それはッ…
達也
達也
意味わかんねぇんだけど?
達也
達也
ちょっと戻ってくんないかな
達也
達也
太我と2人で話すから
莉亜 リア
莉亜 リア
わかった…
屋上からリアがいなくなった。
達也
達也
おい、お前ハルにどんだけひどいことしたかわかってんのか?
太我
太我
わかってる!わかってるよ…
達也
達也
なんでキスを抵抗しなかったんだよ
太我
太我
してない!キスなんかしてない!
達也
達也
は?
太我
太我
ただ、リアが…
太我
太我
『太我くんの目綺麗だね』って近づいてきて…
達也
達也
お前、それをどうおもったの?
太我
太我
いや…『近いなぁ…』ぐらい…
達也
達也
はぁ…
___________________________________________________
晴人
晴人
少しだけ…1人にして…
(なまえ)
あなた
うん…
(なまえ)
あなた
屋上にいるね
晴人
晴人
ありがと…
ハルを部室に1人にして、私は屋上に戻った。
___________________________________________________
莉亜 リア
莉亜 リア
あっれ~、晴人くんじゃん
晴人
晴人
あ…
急に軽音楽部の部室のドアが開き、誰か入ってきた。それが、リアだった。
莉亜 リア
莉亜 リア
太我くんもらっちゃった♡
晴人
晴人
え…
莉亜 リア
莉亜 リア
太我くんのファーストキス…リアがもらっちゃったの♡
晴人
晴人
や…だ…
莉亜 リア
莉亜 リア
リアのね、ファーストキスも太我くんにあげたの♡
晴人
晴人
いやッ…
莉亜 リア
莉亜 リア
晴人くんのだったらごめんね?
莉亜 リア
莉亜 リア
でも…太我くんは私を選んだの♡
莉亜 リア
莉亜 リア
愛し合ってるんだから♡
晴人
晴人
や…やだ…違う…太我は…
莉亜 リア
莉亜 リア
私のもの♡
晴人
晴人
ぁああぁぁぁぁぁぁぁぁあああ!!!
晴人
晴人
いやッ…太我は…太我はッ…
莉亜 リア
莉亜 リア
リアのだよ♡
晴人
晴人
あ…あ…ああ
俺は軽音楽部の部室を飛び出した。そのまま今日は早退した。

プリ小説オーディオドラマ