無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

19
2018/11/17

第2話

2話
次の日
尾崎あなた
尾崎あなた
おはよう
りんちゃん
松本鈴
松本鈴
おはよう
あなた
あとちゃん付け禁止ね
尾崎あなた
尾崎あなた
おkおk
あといつ貰いに行く?
松本鈴
松本鈴
尾崎あなた
尾崎あなた
入部届け!だよ
松本鈴
松本鈴
あーー
今日もらって明日提出しようと思う。
尾崎あなた
尾崎あなた
私も!
放課後一緒に行こ!
放課後
職員室のドアをノックする
尾崎あなた
尾崎あなた
失礼します
松本鈴
松本鈴
失礼します。
先生
どうしたんだね?
尾崎あなた
尾崎あなた
入部届けもらいに来ました。
松本鈴
松本鈴
同じく入部届けもらいに来ました。
先生
早っ!
二人ともニコッと笑う
杉元夏音
龍斗!
あの子達
吹奏楽部入部届けもらいに来たみたい
仲尾龍斗
仲尾龍斗
うん、そうみたい
なんのパートかな?
杉元夏音
あの子達は、俺が貰った!
仲尾龍斗
仲尾龍斗
おいおい
お前、馬鹿か?
気が早いぞ!
杉元夏音
ハイ?
なんだって!
仲尾龍斗
仲尾龍斗
別に何も言ってない
夏音が龍斗を叩こうとしたら
仲尾龍斗
仲尾龍斗
ヒョッイと
杉元夏音
ウザ!
待てー
2人で追いかけっこしていると?
ゴーン
尾崎あなた
尾崎あなた
痛い、、、
ん?
仲尾龍斗
仲尾龍斗
イッタァ!
ん?
ひ二人揃って言う
「ごめんなさい。」
杉元夏音
、、、
松本鈴
松本鈴
、、、
尾崎あなた
尾崎あなた
(顔が真っ赤に染まる)
(心の中で何かが弾けた!)
「ん?何今の」