無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

6,727
2019/07/25

第3話

〖 3 〗
夕飯はハンバーグだった。
私の好物。
あなた
あなた
あふっ熱っ
あなた
あなた
.......ねぇねぇ
皆はどこに引き取られたのか知ってる?
そう聞こうとしてた。その予定だった。
義父
ん?どうした?
でも、親の笑顔を見ると、その言葉はでなくなった
あなた
あなた
あ....えっと...は、ハンバーグおいしい!
義母
そう、!手作りしたかいがあった!
あなた
あなた
えへへ、ごちそうさまでした
あなた
あなた
お風呂入って寝るねー!
義母
おやすみあなた
義父
おやすみ