第43話

のんびり42
12,330
2021/03/13 12:15
五条悟
もう、黙れよ…。







ギュッとあなたを抱きしめる。








あなたは小さいから、俺の身体で余裕で納まった。









五条悟
これ以外、方法ねぇだろ。
俺は、お前が居ないと無理なんだよ






ダメなんだよ、俺。









お前が居ないとすげぇダメなの。

多分、何にもできないの。










五条悟
言ったろ、ずっと傍にいろって
約束した。
お前のこれからは全部俺が予約した






あなたの着物が俺の涙で濡れる。







(なまえ)
あなた
なん、で……
(なまえ)
あなた
じゅ、りょく…無いと、
ダメじゃん……。
…ごじょ、うけでしょ…









バッとあなたを離して、

あなたの目を見る。







あなたの右目だけから、涙が流れていた。









五条悟
…要らねぇ。
(なまえ)
あなた
…え、、?
五条悟
強い力も、誰かからの期待も
与えられた地位も
立場も、いらねぇ
五条悟
お前だけで居れば良い










,




五条悟
好きだバカ。
それくらいしっとけ












少々上からではあるが、

あなたの両頬に手を添えて顔を上に向け、







ちょっとだけ長いキスをした。









五条悟
返事は?
(なまえ)
あなた
…わ、たしも…好き










,

(なまえ)
あなた
好き…だよ、バカ











瞬間、青い光が俺たちを包んだ。









______次回:最終回