無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

グミ買ったら
ユリ(作者)
ユリ(作者)
めっちゃどうでもいい話します。
ユリ(作者)
ユリ(作者)
今日三者懇談があって帰りにコンビニ寄ったんですけど
ユリ(作者)
ユリ(作者)
母にグミをねだって買ってもらいました。
ユリ(作者)
ユリ(作者)
そのとき買ったグミがブロックみたいな組み立てて遊べる的なグミで
ユリ(作者)
ユリ(作者)
家に帰って早速組み立てて遊びながら食べていました。
ユリ(作者)
ユリ(作者)
そしたら気づいたんですよ。
ユリ(作者)
ユリ(作者)
そのグミ4種類あったんですけど
ユリ(作者)
ユリ(作者)
色が
ユリ(作者)
ユリ(作者)
浦島坂田船でした
ユリ(作者)
ユリ(作者)
嬉しくなった私は早速浦島坂田船の順で並べて食べました。
ユリ(作者)
ユリ(作者)
美味しかった。
ユリ(作者)
ユリ(作者)
以上、みかやの謎すぎる雑談でした。
ユリ(作者)
ユリ(作者)
ばいばい。
2020.12.18