第27話

つづき。

瑞稀「はいこれ、誕生日プレゼント!」


嶺亜「俺も!!あなたおめでと♡♡」


『ありがと♡♡2人とも大好き!!』

(ちなみにこれ無意識です←)


瑞稀.嶺亜「「ッ/////」」


優吾「めっちゃ照れてるじゃん笑」


『??てかこれめっちゃ欲しかったやつ!!めぐとこーじとお揃いの!!←』


樹「はぁ?なんでそんなもん欲しいの?」


『だってデザイン可愛いし、、笑』


瑞稀「あなたが欲しいって言ってたの知ってたから買った、笑」


『これ高いよね!?いいのまじで?? 』


瑞稀「もちろん、笑」


『え、もうみじゅきの誕生日なんでも言うこと聞くわほんとに感謝←』


北斗「いや語彙力なさすぎ笑」


ジェシー「Ahahahaha!!!←」


嶺亜「俺からはこれ♡」


『え、まって!!これさ!!』


大我「あー!!それって!!」


樹「え、なになに?」


『ギターのアンプとヘッドホン!!てかアンプめっちゃ重いのによく持って来れたね笑』


嶺亜「あなたのためだからね♡てか今度7MENと一緒に演奏して?笑」


『する!!笑』


prrrr...(着信音)


『ん、だれ、、ってがりさんじゃん!もしもしーがりさん?笑』


瑞稀「スピーカーして!スピーカー!笑」


『おっけ笑』


蒼弥「あ、あなたちゃん、誕生日おめでとうございます!笑」


全員「「ふぅー!!」」


『あっ笑ありがとー笑』


蒼弥「なんかにぎやかっすね笑」


『あははっ笑 LIVE終わって色んな人来てくれたからテンション上がってんだよね笑』


蒼弥「なるほど笑」


瑞稀「いがりー笑」


『ちょっ、笑笑』


蒼弥「あれ、瑞稀くん?笑 だよね?笑」


瑞稀「さっすがー笑 じゃね!笑」


蒼弥「え、ちょ笑」

(通話を切る)


『やっば笑』


嶺亜「瑞稀さいこー笑」


スタッフ「あのー、そろそろ片付けに入ってもらってもいいですか?←」


スト「「すいません笑」」