第20話

つづき。
あなたside.


一方その頃...


北斗もなんで分かってくれないかな、、まぁ言わない私もだめだけど()


てか頭めっちゃ痛い、、、


?「あれ、あなた、?」


『ん、、めぐ、、(バタッ)』


目黒「ちょっ、あなた!?...とりあえず俺たちの楽屋連れてくか、、」



Snow Manの楽屋。


ラウール「もー、めめどこ行ってたのって、、あなたちゃん!?どして!?」


阿部「え、なんで目黒があなた連れてるの!?」


目黒「いや、ちょうど廊下でうずくまってたから話しかけたんすよ、そしたら倒れちゃって、、」


向井「えぇ!?あなた大丈夫なん?」


ラウール「てかSixTONESのとこに届けなくていいの?」


目黒「あー、あなたが廊下でうずくまってる時は大体喧嘩したときだから、笑」


佐久間「さすがめめ笑」


『っ、、ん、、?ここ、、』


目黒「あ、あなた!大丈夫?」


『んー、、私どーなったの、、』


目黒「俺が廊下でうずくまってるの見つけて、話しかけたら倒れちゃったから俺たちの楽屋に連れてきた。」


『そっか、迷惑かけてごめん、、』


佐久間「あー!!あなた大丈夫!?」


『さっくぅぅん😭😭(抱きつく)』


佐久間「うぉ、なになに!?」


『SixTONESのとこ帰りたくない、』


目黒「もーちょっと俺たちのとこ居れば?樹くん達多分探しに来るでしょ笑」


渡辺「お、ちょうど樹からLINEきた笑」


宮舘「え、笑」


佐久間「すげぇ笑笑」


【LINE】
juri.
juri.
あなたってしょっぴー達の楽屋にいる?
しょうた
しょうた
うん、目黒が倒れたあなた連れてきたよ。笑
juri.
juri.
え、倒れた!?今は大丈夫なの?
しょうた
しょうた
今は意識戻って楽屋帰りたくないって言ってる、笑
juri.
juri.
良かった、じゃあ喧嘩した本人にそこに迎えに行かせるわ、待ってて笑
しょうた
しょうた
はーい笑笑