第40話

つづき。

ナレーター「皆さんもショックすぎて言葉が出てこない様子。勘が鋭い京本くんがドッキリじゃないよね?と、、さすが鋭い。()それでは続きをどーぞ!」



(あなたが風磨を連れて戻ってくる)


樹「は、お前、、」


目黒「え、、風磨、くん、、、」


『風磨との、子だと思う。』


風磨「、、、」


照「その事、発表はちゃんとするんだよね?」


『、、うん、風磨と、結婚する。』


風磨「俺が一生あなたを守る。」


樹「...なぁ、なんで一言も俺に言わなかったの?」


『っ、それは、、』


樹「いつも何かあったら絶対報告するって言ってたじゃん、」


『、、、ごめん。。』


樹「まぁ嘘なの丸わかりだからあれだけど。笑」


佐久間「はぇ?」


『...(必死に笑いを堪える)』


風磨「おい、樹何言ってんだよ、(笑)」


ナレーター「おっとあなたちゃん笑いをこらえています笑それをフォローしようとしてる風磨くんもちょっと笑ってますね笑」


樹「ごめんだけど、あなたの話聞きながらカメラ探してたんだよね笑 そしたらあったからさ笑」


目黒「え、じゃあドッキリ!?」


大我「よかったぁ笑」


佐久間「もーまじでショックで、、()」

優吾「てかあなた演技めっちゃ上手くない?笑」


『えへっ笑 女優ですから(ドヤァ)』


岩本「うわ、笑」


渡辺「でもほんとに良かった、笑」


樹「てか俺風磨来た時ぶっ飛ばそうかと思ったもん←」


全員「「笑笑」」