第22話

たんじょうび。

LIVEのMCにて。


大我「あなたー、樹、なんかあそこに白い箱があるんだけど、、笑」


ジェシー「えぇ何それ!?笑」


優吾「白い箱?笑」


北斗「あなたと樹で開けてみたら?」


『えー怖い、笑』


慎太郎「大丈夫!みんな怖いから。笑」


ファン「「笑笑」」


樹「まぁ俺たちで開けますか笑」


『そーだね、おーぷん!!!!!!』


樹「わっ、なに!?」


『えぇ!?なにこれ、!?』


(バースデーソングが流れる)

ファン「「ハッピバースデートゥーユー、ハッピバースデートゥーユー、ハッピバースデーディア樹&あなたー!!」」


樹「『っ!!』」


ファン「「ハッピバースデートゥーユー!」」


大我「おめでとー!!(あなたに抱きつく)」


ファン「「きゃああああ!!!♡」」


優吾「おめでとうー!!」


慎太郎「2人ともおめでとー!!」


ジェシー「姉貴おめでと!!←」


樹「いや俺は?笑」


北斗「おめでとー!笑 ということでケーキです。笑」


樹「『ありがとーございます!!笑』」


優吾「25歳の抱負とかある?」


『そーだねー、ファンになってくれた方達にはいつも笑顔でいて貰えるように全力でダンスとか歌をお届けしたいし、全然SixTONESを知らない方でも面白いな!とか、歌上手いな!って興味を持ってもらえるグループになれるよう頑張ります!あと個人的な目標?なんだけど、他のグループの楽屋にあんまり遊びに行かないようにします、笑』


ファン「「えー!?笑」」


樹「おぉー笑 ってファンは嫌なの?笑」


ファン「「笑笑」」


ジェシー「てかなんで?笑」


『いやー、いつも話しすぎてメンバーに毎回迎えに来て貰っちゃうから笑』


ファン「「きゃあああ!!!」」


北斗「確かにな、笑 でもあの2人は悲しむんじゃない?」


『あの2人??』


大我「確かに笑 ねー2人とも?笑」



続く。