第11話

つづき。
in嵐の楽屋。

相葉「いっやぁ面白いねあなたちゃん笑」


二宮「櫻井くん櫻井くんうるさいけどね()」


松本「確かに、笑 にしても樹と似てるよな笑」


櫻井「それは思う笑 まぁでもあなたちょー可愛いから()」


『ほんとですか櫻井くん!!←』


二宮「びっくりした、笑」


大野「いつから居たの?笑」


『いやちゃんとノックして入りましたって!!笑』


樹「あなたが櫻井くんのとこ行きたいって言うんでみんなで来ましたw」


櫻井「えー嬉しい♡←」


『ぎゃあああああ!!()語尾に、、、は、はーとが、、ついてる、、、()』


大我「良かったじゃんあなた!!←」


櫻井「あ、そーだ!あなたLINE交換してないよね?交換しよ!」


『えっ、いいんですか!!ぜひ!!』


優吾「俺相葉くんと交換してない←」


相葉「交換する?笑」


優吾「ありがとうございます(⌯︎¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧︎」


櫻井「あ、今度の日曜日空いてる?」


『空いてます!!()』


樹「お前その日俺とデーt(((」


『ちょっと樹何言ってんの?()』


「「「「「笑笑」」」」」


櫻井「大丈夫?笑 空いてたらご飯とかどーかなって、笑」


『めっっちゃ行きたいですっ!!()』


櫻井「おっけー!じゃあ詳しいことはまたLINEとかで言うねー!」


『ありがとうございますぅぅ(((』


北斗「はいお嬢様そろそろ行きますよー()」


『さっせんッ()じゃあまた!!』


大野「はーい笑」


優吾「相葉くんありがとうございました!←」


相葉「いーえ笑」