第42話

つづき。
一方その頃あなたは、、、



HiHi Jetsの楽屋。


『おじゃまでーす。』


瑞稀「邪魔じゃないでーす。」


猪狩「あなたちゃんお疲れ様です!」


『がりさんお疲れー!君はほんと礼儀正しくて偉い!!褒めよう!!()』


優斗「てかどーしたんれすか?←」


『ゆうぴサラッと話変えないで笑』


作間「いつも通りですよ、笑」


『笑笑あ、みじゅき髪やってー?』


瑞稀「え?んまいいけど、」


『ありがとっ!!』


作間「そもそも自分でやらないんですか?」


『自分でやると首火傷する←』


優斗「えっ←」


猪狩「あなたちゃん意外と不器用ですよね←」


『えなに、がりさんスタバ奢ってくれんの?()』


猪狩「スイマセンデシタッ(((」


瑞稀「髪やるなら早くやろ、こっち。」


『あ、はーい!!笑』


瑞稀「今日は曲何やるの?」


『んとね、Telephoneのフル!あのかっこいい衣装で耳かけしたらどー?笑』


涼「ぜっったいえろい。←」


瑞稀「確かに。めちゃめちゃえろい。←」


『そーなの?でも耳かけにする!!』


瑞稀「ん。」


『ありがと!そいえばHiHiは何やるの?』


作間「僕とはしもっちゃんと瑞稀くんがソロメドレーやります!」


『おー!!みじゅは何の曲やんの?』


瑞稀「1582。」


『はぁっ!?』


瑞稀「ちょ、動かないで!笑」


『ごめんごめん、え、でもなんで!?1582って亀梨くんのどえろいやつでしょ?←』


瑞稀「よく知ってるね、笑」


『私もソロでやろうか迷ったことあるから←』


優斗「えぇ笑」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

瑞稀クンの「1582」はほんとにやばいので是非YouTubeとかで探してみてください...(*´ч ` *)



沼にハマります、笑