第37話

×忍者さんたち。

少年忍者がダンスの練習をしてるとこにちょうど遭遇したあなた。


湧「あれ、あなたちゃん!!()」


忍者「「え!?ほんとだー!!」」


皇輝「呼ぼっか笑 じゃー1回休憩!」


忍者「「はーい!」」


皇輝「あなたちゃん!お疲れ様です!笑」


『わっ、皇輝!笑』


湧「あなたちゃんお疲れ様です!笑」


『みんなお疲れ様!なんか食べたいものある?笑』


湧「クレープ!!←」


『あー、それはまたの機会に。←』


渉「えぇずるい!!」


『笑笑 じゃあ、プリンでいい?』


颯太「え、いいんすか!?()」


『まだ練習するでしょ?笑 ちょうど近くにプリン屋さんあるからさ笑』


忍者「「ありがとうございます!!」」


『いーえ笑 待っててね!笑』


ガチャ.


安嶋「あなたちゃんすごい、笑」


星輝「すごいな、笑」



『お待たせー!!』


忍者「「わぁぁぁ!!」」


『種類は全部いっしょだよ笑』


忍者「「ありがとうございますっ!!」」


皇輝「海琉.廉.将聖いけ!(小声)」


海琉.廉.将聖.「「「あなたちゃんありがとうございますっ!」」」


(3人とも同時に抱きつく)


『かわいぃ、、てか誰だ3人にいけって言ったやつ()』


湧「皇輝くんです←」


『なにこーきジョア買ってくれるの?()』


皇輝「え、買います←」


『えぇだめ!!←』


黒田「その場合どっちなんですか?()」


『後輩に奢らせた刑で樹に怒られるからやめて←』


忍者「「笑笑」」


樹「俺がなんだって?笑」


『え樹!?()』


忍者「「お疲れ様です!!」」


樹「うわ、あなたも含めてみんなプリン食べてんじゃん...さてはお前奢ったな?()」


『いーじゃん可愛い後輩だぞ!()』


樹「まぁどうせずっと話してるだろうから連れて帰るわ←」


『えまじ?今何時?←』


平塚「18:30です←」


『ほんとだ帰らなきゃ()』


樹「な?笑 行くぞ、笑」


『はーい、笑 じゃあみんな頑張ってね!!』


忍者「「ありがとうございました!!」」


『湧今度クレープね!!()』


湧「あざーっす!!()」