第32話

つづき。
あなたside.


次はどこ行きましょ。。


んー、HiHiでいいかな!!←雑



HiHi Jetsの楽屋。


『どもー笑』


瑞稀「あ、あなた。」


『相変わらずみじゅはツンツンしてるね、かわいい()』


蒼弥「あなたちゃんどーしたんすか?」


『はい!ハッピーバレンタイン!!』


優斗「わぁ!!ありがとーございます!!」


涼「あなたありがと!!」


蒼弥「ありがとーございます!!」


龍斗「ありがとうございます!」


瑞稀「...ありがと。」


『ん?なんて言った?←』


瑞稀「あなた絶対聞こえてるでしょ、笑」


『だってみじゅ今日やけにツンツンしてるんだもん、チョコあーげない←』


瑞稀「...あなたありがと♡(抱きつく)」


『ふふ笑みじゅき好き♡←』


瑞稀「ッ///」


蒼弥「はいはい好きの安売りしないでくださーい。←」


『えー?笑 好きは樹と嶺亜とみじゅきくらいしか言わないよ?←』


瑞稀「3人にも言ってるじゃん、笑」


涼「そーだよ笑 本当に好きなら1人に絞らなきゃ笑」


『笑笑 あ、お返し期待しとくね♡』


瑞稀「あ、じゃあホワイトデーにお返しで俺とデートね?」


『おー!!楽しみにしとく♡』


蒼弥「俺もちゃんと用意します!!←」


『わざわざ言わんでええ。←』


優斗「笑笑」


『じゃ、美少年とこ行ってくる!』


龍斗「いってらっしゃーい!」




みじゅやっぱかわいいなぁ、笑



好きの安売りといわれても分かんない←




美少年の楽屋。


『おじゃまするよー()』


浮所「ああなたちゃん!」


藤井「あなたちゃんっ!♡」


『なぁくん♡はいこれ!!』


藤井「わぁ!ありがとうございます♡」


『みんなもどーぞ!って言いたいけど可愛くお礼言ったらあげる←』


金指「あなたちゃんありがとうございます!」


『かわいいぃ()どーぞ!!』


続く。()