第7話

つづき。

『はい!まーそれぞれ開けてきますか!じゃあほっくんから!』


北斗「Telephone!!」


『おー!なぜ?』


北斗「いや、JaponicaStyleと迷ったんだけどなんとなくTelephoneにした笑」


『じゃあ樹!』


樹「俺これ自信あるわ笑 Telephone!」


『おー!なぜなぜ?笑』


樹「中毒性がめっちゃあるから俺もハマってた時あったんだよね笑」


北斗「わぁお、なぞりろぉん笑」


『じゃあきょも!笑』


大我「俺はね、Jungle!」


『なぁるほどぉ、』


大我「あのー、動物の衣装好きって聞いたことあるんだよねー、」


『じゃあこーち!』


優吾「俺ね、RAM-PAM-PAM笑」


『なるほどね?』


優吾「いやなんで疑問形なんだよ笑」


『 じゃあジェス!おーぷん!』


ジェ「はーい、Amazing!!!!!!」


『おけでーす、じゃあ、、(((』


ジェ「おぉい!!笑笑」


樹「やっばぁ笑 ジェシーのツッコミ面白いわ笑笑」


「「「「「「笑笑」」」」」」


『じゃあしんたろ!』


慎太郎「俺はジェシーと一緒なんだけど、Amazing!!!!!!」


『へー、なぜ?笑』


優吾「その反応ってことは違うんじゃん笑」


慎太郎「えーと、、LIVEでめっちゃ盛り上がるから!笑」


樹「確かにね?笑」


『正解はですね、Telephoneです!!笑』


樹「しゃあー!笑」


大我「え、理由はー?笑」


『んとね、樹も言った通りめちゃめちゃ中毒性があるのと、フリが踊ってて楽しいんだよね笑』


優吾「へぇー笑」