第8話

つづき。
『じゃあ次の問題!笑 えー、わたくし田中あなた、強化〇〇担です。さぁ、その〇〇に入る人は誰!?笑』


慎太郎「え、その〇〇はジャニーズ?」


『そりゃもちろん!私が小学校の頃から愛してやまない方です←』


北斗「てか今更だけどさ、双子の樹めっちゃ有利じゃね?←」


樹「いまさら?笑笑」


大我「はい!あなた!!」


『んー?』


大我「その人は漢字何文字ですか!()」


『えっとー、漢字、、3文字の方です笑』


ジェ「わかったぁ!!()」


樹「これは結構絞られたんじゃない?笑」


『みんなおっけー?』


優吾「当たる気しない、笑」


『じゃあ一斉におーぷん!』

北斗 ▸松本潤くん
樹 ▸櫻井翔くん
大我 ▸大野智くん
優吾 ▸櫻井翔くん
ジェシー ▸目黒蓮くん
慎太郎 ▸目黒蓮くん

優吾「よかったぁぁ←」


『最年少2人がめぐ、笑』


大我「なんで?笑」


ジェ「いや、姉貴さ目黒と仲良いじゃん?←」


『確かに仲はいいけど、笑』


樹「いや俺らのさ、嵐さんは分かるじゃん?なんで目黒なの笑笑」


北斗「てか俺らの後輩だし笑」


ジェ「Ahahahaha!!←」


『正解はですねー、笑 えー嵐の!笑』


ジェ.慎太郎「「あぁぁ!笑(間違いだと分かった)」」


『笑、櫻井翔くんです!!』


樹「っしゃあ!!笑」


優吾「いぇーい!!笑」


『えっとですね、私が小学校4年生くらいの時に嵐にめっちゃハマって。その時からずっと推してるのが櫻井くんなんです。だから結構グッズ持ってるの笑』


ジェ「え今度見せて笑」


北斗「俺も見たいわ笑」


『えー以上!!笑』


「「「「「「『SixTONESでしたー!笑』」」」」」」


『これ最高に楽しい笑笑』


樹「え俺もやりたい!笑」