無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

232
2021/01/02

第2話

実は
先生「お前雄英受けるのか」



あなた『はい…』
(これ無理だから諦めろとか言われるやつか、)



先生「頑張れよ。」




あなた『______、?』




先生 「俺は別に無理とか思ってないよ。お前の個性いいもんだから存分に使え。」




あなた『_っ、ありがとうございます!』




人に個性を褒められたのは初めてだった。
今までヒーロー向きじゃないと言い続けていた個性が。私もオールマイトみたいな立派なヒーローになれるのだろうか。



心菜「おかえり。どうだった?進路指導」



あなた『んー、結構褒められた』




心菜「えなに?自慢?」




あなた『ねぇ、心菜私の個性って人の役に立つと思う?』




心菜「_、!私は羨ましいよあなたの個性。私無個性だし…。」



心菜「私の分まで立派なヒーローになってね。テレビ越しから応援してる!!」



あなた『ありがとう!!!』




私は今まで自分の個性が嫌いだった。
自分にメリットしかない個性が。


心菜は私がいじめられているところを助けてくれた。


ただでさえ怖いのに勇気をだして助けてくれた。




あなた『私のヒーローは心菜だねっ!』



心菜「は?!キモ」




あなた『そんな事言わないの!』



心菜「(私の分まで頼んだよ)」




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


みなさん!あけましておめでとうございます☺️
今年も『貴方と見る景色』共々よろしくお願いします!
心菜はあなたの中学からのお友達!


あなたちゃんの個性は次回🙇‍♀️


訳あって2話書き直ししました!