無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

お泊まり会








同じクラスの女の子からLINEが来た

















「あなたちゃんお疲れ様!
来週の土曜日空いてる?」





『お疲れ様!空いてるよ!』




「ほんと?!その日ねお泊まり会するんだけど、あなたも良かったら……」





『いいよ!誰来るの?』





「えっとね私とあなたちゃんも来るでしょ?あと●●ちゃんと、☆☆ちゃんと……」






『そうなんだぁ行こっかな。』



「ほとんど旅行状態、山の方まで行ってそこのホテルに泊まるの」



『ほんとに?!楽しそ!』



「朝から行くからね!」




『はーい!』














あなた

んふ

晴人
晴人
なにニヤニヤしてんだよ
あなた

あっ晴人〜あのね来週の土曜日、お泊まりするの

晴人
晴人
どこで
あなた

山の方のホテル?旅館?

晴人
晴人
は?ダメd……
由宇
由宇
あなたちゃん!昨日言ってた相談
あなた

あ!いくいく、じゃあね晴人

晴人
晴人
はぁ〜
タクミ
タクミ
行かせたくないの?
晴人
晴人
当たり前だろ
タクミ
タクミ
なんで
晴人
晴人
……
タクミ
タクミ
じゃあさその日僕達も行こうよ
晴人
晴人
は?
タクミ
タクミ
梶と僕と黒と由宇ちゃんで
祐介
祐介
楽しそうっすね
晴人
晴人
いきなり入ってくんな


























由宇の部屋






あなた

で、どうしたの?

由宇
由宇
あの、私タクミくんが
あなた

好きなの?

由宇
由宇
はい
あなた

好きっていいなよ

由宇
由宇
でも……
あなた

タクミは晴人と違って優しいし、気遣い上手だよ!

由宇
由宇
はぁ
あなた

まあ頑張ってみな

由宇
由宇
怖いな
あなた

いい?告白はね、いきなり好きです!って言うんじゃなくて、なにか別のお話から入れるのそれで自分を落ち着かして

あなた

それから好きですっていうの

由宇
由宇
ありがとう!やってみる
あなた

( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧ファイティン!!