無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

お泊まり会










お泊まり会前日







あなた

うーんと、着替え、パジャマ、化粧品、タオル、ポーチ、充電器、モバイルバッテリー……

由宇
由宇
あなたちゃん!
あなた

あ〜由宇!どうしたの?

由宇
由宇
ご飯だよ
あなた

ありがとう

由宇
由宇
どっか行くの?
あなた

私ね明日お泊まり会するの

由宇
由宇
そうなんだ!どこまで行くの?
あなた

山の方なんだけど〜

晴人
晴人
遅いぞ
あなた

あ〜晴人

由宇
由宇
ごめん
晴人
晴人
はぁ
あなた

ご飯いこ!











食堂













あなた

いただきます

由宇
由宇
いただきます






















お風呂





あなた

はぁ〜






ブクブクブクブクッ













あなた

(そういえばなんで、晴人はお泊まり行くなって言ったんだろ)

















































男子のとこでは








晴人
晴人
……
祐介
祐介
いや〜楽しみだねお泊まり
タクミ
タクミ
僕たちは黒のために行くんだからね
晴人
晴人
は?
祐介
祐介
あっそっか


































あなたの部屋







あなた

あ、寝ないとかな













9:30















あなた

ホントなら晴人のピアノ聞くのに、今日は無理かな























ピアノ部屋















晴人
晴人
……















♪〜〜


















祐介
祐介
あ、ここなんだ部屋
晴人
晴人
何しに来た
祐介
祐介
あ〜いや、綺麗な音色だなーって
晴人
晴人
そうか……
祐介
祐介
何かあったの?
晴人
晴人
は?
祐介
祐介
なんかいつもより強い音だなって、そんな気が……
晴人
晴人
……
祐介
祐介
え?無視?
晴人
晴人
別にお前の耳がおかしいだけだ
祐介
祐介
あぁそうなんだ


























あさ












あなた

行ってきます














ひょこっ