無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

第3話 なんか浮いてるんだけど…
あっ零、学校は?
休みっていうか休むわ〜
えー…じゃあ学校に連絡してこよ〜
よろしく〜
いやいや、連絡って…おばけが連絡って…
もう嫌な予感しかしないけど…
あっもしもし!零は今日お休みしm…
ギャアァァァァ━━━━━━(|||゜Д゜)━━━━━━!!!!!!
なした!
零ママ
なんやどうしたんよ!
電話…電話が…う、う、浮いてるー!
ん?あっ!学校に連絡しといたよ!
おーありがと〜
零ママ
あんたなに1人で話してんのさぁ
とうとう頭おかしくなったか!
は?何言ってんの結だよ
ここにいるじゃん私の友達が、結が
零ママ
あー声だけ聞こえる
どもー♪
なんで?!見えないよ?!出た?え?何出たの?
んー零のお兄ちゃんには見えてないんだね〜
みたいだね〜
ほら言わんこっちゃない
零ママ
なんだ、零の友達ならお菓子作り戻るね
ここの家族は怖いもの知らずなのか…?