第4話

ギター
_____トミーside。

カンタと一緒ならいい未来を掴めそうな気がする。それは心から思っていたことだった。
今日も撮影をする。
トミー
トミー
じゃー始めるか
カンタ
カンタ
おっけ〜、うっし、やろ!
いつもの器楽室で、また笑い声を上げながら2人で喋って、ふざけて、楽しい撮影をする。

トミー
トミー
はいど〜もー水溜りボンドです。お願いします!ね!毎日動画頑張っていきましょう!トミーです
カンタ
カンタ
カンタです!
トミー
トミー
お願いします!
カンタ
カンタ
はい、今日は、…
……1時間後
カンタ
カンタ
お疲れ〜
トミー
トミー
俺、鍵返しとくよ
カンタ
カンタ
お!サンキュー
トミー
トミー
じゃ、また明日な
カンタ
カンタ
うん!またね〜

俺には1つ気になってたことがあった。器楽室の隣の部屋にピアノが置いてあるんだけど、ピアノの隣のギターがふとした時に無くなる。
トミー
トミー
(誰か使ってんのかな…まあ、俺には関係ないか笑)
入ってみると撮影前にあったはずのギターは今日もなかった。
(……キー。)扉が開いた
???
???
あ、、💦すみません。使ってます??
その子は慌てて何かを一生懸命隠した。
トミー
トミー
あ、いや、別に、あ、その…もう帰るとこです(焦
???
???
あ、!私ここ使うので、鍵返しときます!
トミー
トミー
おー、分かりました( ¨̮ )お願いします!
その子は扉を抑えてお見送りしてくれた(笑)
………(バタン!)
トミー
トミー
(なんだったんだろ。。)
_____あなたside
私
はぁ、危なかった……
_____トミーside

ふと香ったあの、柔軟剤の匂い。俺は思わず閉まった扉を振り返った。

















__次の日。

俺は朝からお笑いサークルで公演をする用のポスターとパンフレットを持って掲示板の前で仕事をしていた。
???
???
あのー、
トミー
トミー
はい!
話しかけてきたのは器楽室のあの子だった
???
???
昨日はすみませんでした。
トミー
トミー
いえいえ、助かりました!
???
???
よく、あの部屋使ってるんですか?
トミー
トミー
はい笑笑
???
???
そうなんですね(笑)
トミー
トミー
使ってるんですか?
???
???
えっとー、。。。
トミー
トミー
あー困らしちゃってすみません💦
???
???
いやいや、!!!
やっぱ何か隠してるな…もう、話したいのに俺めっちゃ焦って何も出てこなくて、パンフレットを渡した
トミー
トミー
あの、これ良かったら…
???
???
え、あ!お笑いサークルの方ですか?
トミー
トミー
はい、一応(笑)
???
???
ありがとうございます☺️
???
???
じゃー、また。
トミー
トミー
はい、また。
あの子が走っていく。俺は思わず大声を上げた。
トミー
トミー
あのー!!!!…
振り返った
トミー
トミー
お名前は!!!
私
あなた!
俺は頭を深く下げて大きく手を振った。
するとあなたも大きく手を振って、















ニコッと笑った。