第2話

大学生
_____

カンタside

俺は大学に通う普通の大学生。お笑いサークルに所属していろいろあってトミーとコンビを組んだ。あー、なんでトミーとコンビを組んだかって?それは話長くなるから…笑笑


まあ、とりあえず仲良くなって『水溜りボンド』を結成した。


カンタ
カンタ
なあ、YouTubeやらない?
トミー
トミー
なんだよいきなり笑笑
カンタ
カンタ
んー、YouTubeの方がさ、見てくれる人も多いしその方がいいかなって
トミー
トミー
…………あーいいよ👍
カンタ
カンタ
やる事は俺やるからさ、!
トミー
トミー
おう、なんかお前とならなんでもできるよ気がするわ笑
カンタ
カンタ
あははは‪w‪w‪w
言い過ぎ笑笑
_____

そして、あの冬。俺たちは動画を投稿し始めた。なかなか見てくれる人は少ないけどこれから頑張るか、


(カンタがコンビニに入る。)

____ピローン。

???
???
いらっしゃいませー。
カンタ
カンタ
(俺もバイトいないとな〜。あの子もしてるんだし…)
意外とはじめて入った大学近くのコンビニ。
いつもみたいにグミ買いに来ただけなんだけどね〜笑
カンタ
カンタ
すみませんこれ、お願いしまーす。
???
???
120円でございます。
会計終わり。
???
???
ありがとうございました。
店を出る。
カンタ
カンタ
(なんか、柔軟剤の…いや、なわけないか。俺が匂い敏感なだけか、)
_____

その時は気づかなかったでもあの時微かに感じていた。化粧品でも香水でもない、惹きつけられる優しくて振り返ってしまうようなそんな香りに。