無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

#4
何故紫耀さんがきたのかというと…




その頃リビングではこんな話をしていた





〜廉side〜


岸優太
あなたちゃんガチで可愛くなかった?
神宮寺勇太
可愛かったね
岩橋玄樹
じんは僕でしょ?
神宮寺勇太
そうだよ
玄樹好きだよ?
岩橋玄樹
ありがと!
僕も好き!
高橋海人
始まったね…
高橋海人
てか、まじで好きになっちゃったかも
あなたちゃんのこと
廉もかわいいって思わない?
永瀬廉
別に……てか女やし裏表激しいから何するかわからんやん
仲良くなろうとも思ってへんわ
ほんとにそう思ってる


だって女やろ?


きっと男目的とかしか思ってへんやろ



絶対今信じたら後悔する
神宮寺勇太
でもあなたちゃんすごく悲しい顔してたよ?
いい子だと思うよ
永瀬廉
そんなん知らんわ……
あいつがどんな顔してたかなんてみとらんし

俺には関係ない
平野紫耀
ただいま〜
場所教えてきたよ!
何話してるの??
高橋海人
俺あなたちゃんのこと好きになったから
平野紫耀
まじ?俺もだから
いくらメンバーでも譲らないから
そう一言いうと2階へ行ってしまった
岸優太
なんで紫耀は2階行っちゃったの?
岩橋玄樹
岸くん話聞いてなかったの?
岸優太
なんか話してた?
高橋海人
もうおじいやだー
いつもどおり少し抜けている岸くんでした(笑)




    


Next.
作者
作者
こんにちは
読んでくださりありがとうございます!
卒業式シーズンですね
卒業生の皆さん卒業おめでとうございます。
みなさんが最高の思い出が作れますように…